アマゾンレビューの信用度、世帯年収で差 高所得層ほど「悪いレビューをよく見る。全体的に信用していない」

アマゾンレビューに関するアンケート調査、高所得層ほど悪いレビューをよく見る傾向

記事まとめ

  • 「アマゾンモール内購入レビューに関するアンケート」の結果が発表された
  • 「レビューを全体的に信用している」傾向が強かったのは「世帯年収600〜800万円未満」
  • 「世帯年収1500〜2000万円未満」は「悪いレビューをよく見る」傾向が強いという結果に

アマゾンレビューの信用度、世帯年収で差 高所得層ほど「悪いレビューをよく見る。全体的に信用していない」

アマゾンレビューの信用度、世帯年収で差 高所得層ほど「悪いレビューをよく見る。全体的に信用していない」

アマゾンレビューの信用度、世帯年収で差 高所得層ほど「悪いレビューをよく見る。全体的に信用していない」の画像

デジタルショッパー総合研究所は5月17日、「アマゾンモール内購入レビューに関するアンケート」の結果を発表した。調査は昨年12月21日〜23日に、インターネット上で実施。日本在住の20〜69歳の男女500人から回答を得た。

アマゾンレビューの信用度を「全体的に信用」「購入者のみのレビューを見る」「良いレビューを見る」「悪いレビューを見る」の4つに分け、それぞれ5段階評価で意向を調査。世帯年収別に集計した。

「レビューを全体的に信用しており、悪いレビューはあまり見ない」傾向が最も強かったのは「世帯年収600〜800万円未満」の人だった。

一方で、「悪いレビューをよく見て、全体的にレビューは信用していない」という傾向が最も強かったのは、「世帯年収1500〜2000万円未満」だった。ネガティブなレビューを中心に信用しているのは、続いて「世帯年収1000〜1200万円未満」、「世帯年収800〜1000万円未満」だった。

世帯年収600〜800万円の家庭はレビュー点数が高いと不安を感じる傾向

衝動買いの頻度を聞いたところ。「世帯収入600〜800万円未満」の家庭は「全くしない」(14.08%)、「あまりないがたまにする」(38.03%)と、慎重な姿勢を示した。逆に「週1回以上ある」(33.33%)、「2〜3週間に1回程度ある」(22.22%)と衝動買いの頻度が最も多かったのは「世帯収入1500〜2000万円未満」の家庭という結果となった。

各世帯年収別に、アマゾンにおいて不安、躊躇となり得るレビュー点数を聞いてみたところ、「世帯収入600〜800万円未満」では「4〜5点未満」(6.58%)、「3〜4点未満」(22.81%)と高い点数に不安を感じる傾向が強かった。

一方で、「世帯年収1500〜2000万円未満」では、「1〜2点未満」(23.08%)、「1点未満」(3.85%)と低い点数に不安を感じる傾向が強かった。「世帯年収2000万円以上」の高所得世帯は、「レビュー点数を気にしない」傾向が強いという結果となった。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)