人気Youtubeが子犬の飼育経緯で嘘をついて謝罪 「親戚から引き取った」ではなく「ペットショップで買いました」

人気Youtubeが子犬の飼育経緯で嘘をついて謝罪 「親戚から引き取った」ではなく「ペットショップで買いました」

人気Youtubeが子犬の飼育経緯で嘘をついて謝罪 「親戚から引き取った」ではなく「ペットショップで買いました」の画像

YouTubeでカップル共同ちゃんねる「えむれなチャンネル」を運営するM君とふくれなさんが5月29日、子犬を迎え入れる経緯について嘘をついていたと謝罪した。

今月6日に投稿した動画で、親戚の家ボストンテリアの子犬が生まれたが、親戚の家で飼うことができなかったためて引き取ったと報告。「保健所とかに行っていた可能性もある」と話していた。

しかし28日、ツイッターで「この犬をペットショップで見た」「譲り受けたのではなくペットショップで購入したのではないか」といった旨を指摘するツイートがあった。これについて、M君は29日の動画で、

「実はSNSの指摘どおりペットショップで買いました」

と明かした。

YouTuberがショップから買うと「なぜ保健所から引き取らない」と批判されることも

ネット上では「好感度を上げるために嘘をついた」という声があがっているが、これについては「まったくそういうのではなく」と否定。以前、ふくれなさんは同じボストンテリアの「ミル」を飼っていたが、現在はふくれなさんの実家で父親と暮らしているという。M君は、

「そのことに対して動画をあげたときに、『ミルもM君とふくれなちゃんと一緒に住みたかったんじゃないか』とか『大きくなったら途中で放棄するのか』というコメントがありました」

と説明。ペットショップで買ったと言ったら、視聴者から「ミルと入れ替えたんじゃないか」などと言われるのではないかと思ったといい、「本当綺麗事じゃなく、パク(今回迎え入れた犬)をそういう目で見られるのが嫌だった」と明かす。

また、YouTuberがペットショップでペットを買うと、「なぜ保健所から引き取らないんだ」と言われることが多いと指摘。現に、ヒカキンさんがペットショップで猫を買った際も、ネット上では「影響力があるYouTuberが率先して保護猫を引き取るべき」といった声が多く寄せられた。M君は、

「今回ついた嘘をつけば回避できるかなと思って嘘をついてしまいました。でもどんな理由があれ、嘘をついたことには変わりないので本当にすみませんでした」

と謝罪した。ふくれなさんも「今後はこのようなことなく活動していきたいと思います」といい、2人で謝罪した。コメント欄には「嘘つく意味がわからんよね、最初から普通に言えばいいやん」「真剣に自分のお金や生活かけて動物の保護してる人達に失礼」と批判的な声が多く寄せられた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)