女性が選ぶ転職したい企業2位「楽天」、3位「トヨタ」 ZOZOも前澤社長効果で7位にランクイン

女性が選ぶ転職したい企業2位「楽天」、3位「トヨタ」 ZOZOも前澤社長効果で7位にランクイン

女性が選ぶ転職したい企業2位「楽天」、3位「トヨタ」 ZOZOも前澤社長効果で7位にランクインの画像

パーソルキャリアは6月3日、「doda転職人気企業ランキング2019」を発表した。調査は2月にネット上で実施。22歳〜59歳のホワイトカラー系職種の正社員男女5054人から回答を得た。

女性のランキング1位は、昨年と同じ「グーグル」だった。2位を大幅に引き離し1位となった理由として、「最先端の技術・サービスに触れられそう」「既成概念にとらわれていない」「自由にアイデアが出せそうな環境」「働き方も自由が利きそう」「オンとオフがはっきりできそう」といったコメントが挙がった。

2位の「楽天」は昨年から1ランク上昇した。「新規事業が多く、多角的な経営が魅力」「社員食堂などの福利厚生が充実しているのがいい」「まだまだ伸びていきそう」といった革新的な取り組みや働きやすい環境にあることがコメントとして並んだ。

3位にランクインしたのは、長年、不動の人気を誇る「トヨタ自動車」だった。「世界に通用する安定企業だから」「開発力がある」「給与も高く、福利厚生も充実している」と、国際性豊かな企業であることの安定性や、福利厚生等に関するコメントが多数寄せられた。

転職したい会社は「知名度」、「仕事のやりがい」、「給与待遇」で選ぶ

4位以降は「全日本空輸」、「アマゾンジャパン」、「ソニー」、「資生堂」、「日本航空」、「ZOZO」、「日本航空」がトップ10に入った。アマゾンジャパン(昨年12位)とZOZO(昨年圏外)は昨年から大きく順位を挙げることとなった。

男性の人気企業ランキングと女性の人気企業ランキングのトップ10を見ると、「資生堂」(女性7位、男性58位)、「日本航空(JAL)」(女性8位、男性18位)、「ZOZO」(女性9位、男性16位)で女性人気の高さが顕著だった。

また、トップ30位まで比較すると、日常生活で接する機会の多い商品やサービスを提供する企業(「JTB」、「味の素」、「明治」、「クックパッド」、「カルビー」、「カゴメ」、「タニタ」)は、男性よりも女性からの支持が高かった。

「転職したい企業を選んだ理由」を聞くと、1位は「企業の知名度が高い」(58.5%)、2位は「やりがいのある仕事ができそう」(58.4%)、3位は「給与・待遇がよさそう」(56.4%)という結果だった。

メディアなどで取り上げられると劇的に「知名度」が向上するため、前年に話題となった企業の人気がアップするきっかけとなる。最近なにかと話題になる前澤社長がいる「ZOZO」(今回7位で2017年ランキング圏外)は最たる例だろう。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)