この会社はダメだと思った瞬間「平日は"犠牲"にしよう!」「1日16時間労働でサービス残業」

この会社はダメだと思った瞬間「平日は"犠牲"にしよう!」「1日16時間労働でサービス残業」

この会社はダメだと思った瞬間「平日は"犠牲"にしよう!」「1日16時間労働でサービス残業」の画像

会社への不満を抑えつけながら働き続けていると、ちょっとしたことで我慢の糸が切れてしまい、「もうこんな会社、辞めてやる」と思うようになる。キャリコネニュース読者から寄せられた「辞めようと思った瞬間」を見てみよう。

技術職として働く40代男性は、連日に及ぶ長時間労働に悩んでいた。「良くて終電、週に2〜3日はカプセルホテルに泊まっていた」という。「さすがにきつい」と上司に伝えたところ、

「やることたくさんあるんだから平日はしょうがない。平日にプライベートで何かしようというのは甘いんだ。その分、休日を全力で楽しむために平日は"犠牲"にしよう」

と一蹴されたという。上司のこの一言を聞き、退職を決意。ちなみに、「休日に休むために」と言いながらも、休日の出勤は強制的だったようだ。

入社後、先輩が10年間昇給していないことを知る 「ボーナス支給額は最高2万円」

管理・事務職の30代女性は、入社2か月のときに受けたセクハラに憤りを感じている。

「歓迎会の酒席で、『一晩いくら?ひと舐めいくら?』など気持ち悪い発言をされました。このときに、『入る会社を間違えた』と思いましたね。周りは咎めることなく、『お酒の席だから仕方ない』と笑っているだけ。自分の年齢的に最後の転職と思っていたので、その場は笑って対応しましたが、今でも腹が立っています」

女性は辞めたいと思いつつも、現在はまだ在籍している。しかし飲み会については、「セクハラがひどいので参加しません」と不参加を貫いている。

技術職の40代男性は、先輩が10年間昇給していない事実を入社後に知った。

「もっと驚いたのが、ボーナスの支給額が最高で2万円だと言われたとき。実際に私のボーナスも2万円でした。即転職しました」

深夜0時に上司に呼ばれ、約1時間説教。さらに2年前の発言を掘り起こされる。

「上司は2年ほど前の話を持ち出してきて、『あの時の発言はまだ有効だ』などと言ってきました。もう辞めてやろうと思いましたね」

クリエイティブ職の30代女性は、サブリーダーとして7年近くチームのために尽くしてきた。しかし、あるときにチームリーダーから「この役立たずが!」と罵られてしまう。

「私としては上司の顔色を伺いながら、後輩の愚痴も聞いたりフォローしたりしながら頑張ってきたつもりでしたが、この一言で全てのやる気がなくなりました」

この一件で吹っ切れた女性は、すぐに退職届を提出した。

研究開発職の30代男性は、1日16時間労働とサービス残業にうんざりしていた。内心では辞めたいと思いつつも、なんとか仕事を続けてきた。あるとき深夜0時に上司の部屋に呼ばれ、よくわからない理由で1時間ほど説教をされた。

「上司は2年ほど前の話を持ち出してきて、『あの時の発言はまだ有効だ』などと言ってきました。もう辞めてやろうと思いましたね」

キャリコネニュースでは引き続き「働き方改革の弊害」や「有給休暇の取得」に関するアンケートを募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)