Facebook広告、4割の人が「不快に思ったことがある」 理由2位は「いつも同じような広告流れてきてしつこい」 

Facebook広告、4割の人が「不快に思ったことがある」 理由2位は「いつも同じような広告流れてきてしつこい」 

Facebook広告、4割の人が「不快に思ったことがある」 理由2位は「いつも同じような広告流れてきてしつこい」 の画像

ジャストシステムは6月12日、「モバイル&ソーシャルメディア 月次定点調査(2019年5月度)」の結果を発表した。調査は今年5〜6月に実施し、Fastaskモニターで17〜69歳の男女1100人から回答を得た。

現在SNSを利用している人(719人)のうち4割は「Facebookのタイムラインに表示される広告を見て、不快に感じた経験がある」と回答している。不快な理由は「自分に特に関心ないものが表示されて邪魔だと思う」(48.4%)、「いつも同じような種類の広告が流れてきてしつこいと思う」(45%)が多かった。

不快感を抱いても「特に何もしなかった」が最も多かったのはLINE

不快を抱いた後の行動は「広告を非表示にしたことがある」(41.2%)が最多で、「特に何もしたことはない」(39.4%)を上回った。男女別に見ると、男性が37.2%に対し、女性は45.1%。

他のSNSと比べると、不快感を抱いたが「特に何もしなかった」という人は、「LINE」(53%)が最も多く、次いで「Instagram」(44.4%)、「Twitter」(42.6%)、「Facebook」(39.4%)となった。

また、「Instagram」のタイムラインに流れてくる広告に不快感を持った人(36%)のうち、「広告を非表示にしたことがある」人は32.4%。「アカウントをブロックしたことがある」人は19.7%で、男女別に見ると男性(24.8%)が女性(15.5%)を上回った。

「Twitter」に関しては、広告を不快に感じたことがある人(47.3%)のうち、「アカウントをブロックしたことがある」人は26.2%、「興味がないと意思表示をしたことがある」人は25.9%、「アカウントをミュートしたことがある」人は21.5%となった。

"SNS依存症"を知っている、かつそうならないよう普段から意識している人は20.9%。SNSを見る時間を減らすなど接触頻度を減らしている人は67.3%で、他の人といるときにSNSをあまり見ないようにしている人は75.4%。嫌いな人はブロックする人は62%となった。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)