ヒカキンが計150万円でディオールのぬいぐるみ購入 視聴者から「全然かわいくない」という声も

ヒカキンが計150万円でディオールのぬいぐるみ購入 視聴者から「全然かわいくない」という声も

ヒカキンが計150万円でディオールのぬいぐるみ購入 視聴者から「全然かわいくない」という声もの画像

YouTuberのヒカキンさんが7月3日投稿の動画で、定価74万5200円のぬいぐるみを2体購入したと明かした。合計149万400円となるぬいぐるみは、ディオールとニューヨークの現代アーティストのKAWSがコラボレーションしたもの。

KAWSは今最も注目されている現代アーティストで、最近はユニクロともコラボ。目がバツ印のキャラクター「コンパニオン」で知られている。ヒカキンさんは、そのコンパニオンのぬいぐるみを2体購入した。

このぬいぐるみ、オークションサイトに11億円で出品されていたこともあったようで、現在は「プレミアムショップとかで買おうとすると1体230万円とか、200万円超えて来てるらしいです」という。アクリルケースに入っており、

「(部屋の)この辺にポンって置こうとかじゃなくてさ、ガン!ってこうやって飾ってください!っていうレベルのものなんだね」

とコメントする。

「ボタンとにも『DIOR』って書いてある。本当にディオール製の服着てるみたい」

ぬいぐるみはピンクとブラックの2色展開しており、ピンクはスーツを、ブラックはデニムジャケットにジーンズを身につけている。ヒカキンさんは、

「ひとつひとつハンドメイドで作られてるらしくて、服の後ろのスーツの上のジャケットの(略)ボタンとかも『DIOR』『DIOR』って書いてあるんですよ。本当にディオール製の服着てる!みたいな感じなの」

と興奮。ジャケットのボタンを外すと、裏地にもDIORのタグが縫い付けられており、「やべえ。世界一高度なおままごとだぜ」とこぼした。ジャケットやシャツも脱がすことができ、「そこまで本当によく作られてるってこと。服が」と感心していた。

「(裏地もしっかりしていて)ディオールのジャケットのちっちゃい版みたいな感じだね。もはやこれ洋服代が高ぇ!ってことだよこれ。衣装代です」

「こりゃ高いわ」「大切に多分もう取り出さないで大事に飾っていきたいと思います」

ブラックはデニムジャケットを脱がすと、白のTシャツを着ていた。また尻ポケットもちゃんと物が入る仕様になっていることから、「こりゃ高いわ」と話す。ヒカキンさん的には納得の価格だったようだ。

ぬいぐるみ自体にシリアルナンバーのタグが縫い付けられており、各色限定500体のうち、ピンクは83番目、ブラックは206番目ということが分かった。ヒカキンさんは、

「このケースが付いてきているのが一番高級感あるね。ずっとここで大切に多分もう取り出さないで大事に飾っていきたいと思います」

と語った。

コメント欄には「自分じゃ一生かけても買えないものの商品紹介してくれる」という声も寄せられる一方で、「あまり魅力を感じない」「マジでいらねぇ…」「価値が分からない」「全然かわいくない」といった声も寄せられた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)