ブラック企業の元ヤン上司を合気道と中国拳法で返り討ちにしてみた結果

ブラック企業の元ヤン上司を合気道と中国拳法で返り討ちにしてみた結果

ブラック企業の元ヤン上司を合気道と中国拳法で返り討ちにしてみた結果の画像

「闇営業」騒動を受けて吉本興業が7月に行った記者会見は、完全にブラック企業の象徴として物議をかもした。キャリコネニュース読者が受けたブラック企業の仕打ちとは何か。寄せられたエピソードを紹介する。

「就業規則なし、入社時に雇用契約書なし、社会保険なし、残業代や時給がいくらか聞いても教えてもらえない そんな会社ありますか? とにかくどのように給料計算しているか分からない」(40代男性、販売・サービス職)
「代表のパワハラとセクハラで、私が入社時にいた全女性社員は1年後にはいなくなっていた。事務所の倉庫で死んでいた鳩の死骸を1人で片付けさせられた」(20代男性、管理・事務職)

上司のウザすぎる武勇伝 「暴走族時代、車を燃やした」

以前、学習塾に勤めていた販売・サービス職の40代女性は、「滅私奉公をいつも唱えさせられ、『自分たちの成長のための勉強だ』と言われました」という。さらに、

「社長が出版した自叙伝を無理やり買わされ、ノルマを課せられました」

と明かす。

販売・サービス職の50代男性は、怪しげなタクシー会社に勤めた過去を持つ。

「社保未加入は当たり前で、有給休暇もなかった。2件の労災隠蔽もあった。高利貸しの闇金融業者が母体でした」

管理・事務職に身を置く30代男性は、同業他社での新人時代を振り返る。当時の上司はヤンキー上がりの主任で、朝礼時に「暴走族時代、車を燃やした」「パトカーから逃げ回った」などの武勇伝を口にすることがあった。

「オメーみたいなモヤシに言われたかネーんだよ」 → 返り討ちに

また、ヤンキー主任は、大学院卒の男性をはじめとする、高学歴な新入社員を目の敵にしていた。普段は車での受注だが、「豆腐1000丁を急ぎで電車を使って1人で取りに行け」と指示。

部下の結婚式に呼ばれなかったことを逆恨みしたときには、「結婚式中の部下に発注確認の電話をして、ミスをなじった」という。そんなヤンキー主任の暴君っぷりに、男性は耐えられなくなった。

「ある日、我慢の限界に来て理路整然と言い返し、皆が見ている前で論破した。主任は顔をまっかにして『オメーみたいなモヤシに言われたかネーんだよ』と殴りかかられた」

しかし、男性は合気道の有段者だった。さらに、

「中国留学時に軍隊上がりの教官から中国拳法も習っていました。殴りかかられたのでワザと相手がダメージを受けるように殴られ、流れで投げ飛ばしたらあたりは大混乱になってました」

と語る。しかしこの件が店長の耳にも入ったが「無かったこと」にされたという。

それから数年後、男性は現在の勤め先に入社したが、経営不振に陥った古巣を救済するという驚きの展開が待っていた。今ではあのヤンキー主任が、直属ではないものの男性の部下になるという。男性は、「部下には絶対にパワハラをしないと決めています」というが、

「一方でこの元主任が私の管掌エリアに来たら、辞めた後輩や同僚の分まで"同じこと"のをしてやろうと思ってます。ただ、今の彼と私では立場が違いすぎます。彼は私に話しかけることも出来ないくらい、社内での力関係やポジションは逆転しています」

と逆転エピソードを綴った。

キャリコネニュースでは「ブラック企業経験談」や「夏休み明け、職場にお土産を持っていきますか?」に関するアンケートを募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)