常識は通用しない!ブラック企業の日常「"親が悪い"と言われる」「勝手に勤務時間を1時間増やされる」

常識は通用しない!ブラック企業の日常「"親が悪い"と言われる」「勝手に勤務時間を1時間増やされる」

常識は通用しない!ブラック企業の日常「"親が悪い"と言われる」「勝手に勤務時間を1時間増やされる」の画像

年末に授賞式が行われるブラック企業大賞。そろそろ有力候補が絞られていてもおかしくない頃ではないだろうか。

当然ながらブラック企業は、ノミネート企業に限らず蔓延しているのが現状だ。キャリコネニュース読者から寄せられたブラック過ぎるエピソードを紹介する。販売・サービス職の50代男性は元勤務で、仕事のミスや能力について人権侵害としか思えない暴言を吐かれた。

「『親が悪い』とか『年はいくつ?』などの人格否定をされたり、朝礼時に名指しで無能であるようになじられたりした」

医師から1週間の安静と言われても「8時〜23時労働で10連勤を強要」

医療業界で働く20代男性は、24時間365日、緊急で呼び出されるため、遠出はまったくできない。友だちと遊ぶことすらもままならない状況だという。

「慢性的な人手不足により代わりの人もいないので、心が休まる時はありません。午前中のオペが9時から始まり、オペが終わったら他の施設に回ったり新規開拓をしたりしているとあっという間に19時は過ぎ、会社に戻るのは21時前後」

そこから内勤業務に入るため、家に着くのは1〜2時ころだという。それでも今の上司には感謝しているようで、「自分が辞めて上司に迷惑がかかると思うと、なかなか辞めるとは言いだせません」と葛藤している。

販売・サービス職の30代女性は、帯状疱疹で診断書をもらい、有休を申請したが、エリア長は受け取らなかった。医師からは「1週間は休みをとるように」と言われていた。

「にもかかわらず、『人が居ないから』と言われ、8時から23時までの勤務を10連勤させられた。親の初盆による帰省も繁忙期を理由に却下されたのに、なぜか本社だけが休みを取っていた」

「せっかく正社員で入社できた」と我慢したが、無茶な過重労働で体調を崩して退職

30代女性は、かつて世間を騒がせた某飲食店で勤務していたという。当時の体験について、

「契約書では8時間勤務となっていましたが、オープンから閉店までの14時間勤務は当たり前。片付けと次の日の仕込みで、終電を逃したことも。みなし残業時間を超えても、当然のように残業代はつきませんでした」

と明かす。なかでも、「連絡や相談も無しに勤務時間が1時間プラスされた」ことが一番つらかったという。マネージャー経由で本部に理由を訪ねるが、「月の勤務時間がみなし残業時間分に足りないから」と返される始末だった。

女性は納得がいかなかったが、「せっかく正社員で入社できた会社だった」と、その時は黙っていた。ところが、無茶な過重労働が続いたこともあり、体調を崩して退職。その際、「今までの残業代を全て請求して支払わせました」と明かした。

キャリコネニュースでは「ブラック企業経験談」や「いつもランチは何を食べますか?」に関するアンケートを募集をしています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)