上司の理不尽過ぎる仕打ち「服を踏まれる」「コンプラ違反を押し付けてくる」「"見て覚えろ"と言う先輩が寝ている」

上司の理不尽過ぎる仕打ち「服を踏まれる」「コンプラ違反を押し付けてくる」「"見て覚えろ"と言う先輩が寝ている」

上司の理不尽過ぎる仕打ち「服を踏まれる」「コンプラ違反を押し付けてくる」「"見て覚えろ"と言う先輩が寝ている」の画像

「パワーハラスメント」とは、同じ職場で働く職務上の地位など職場内で優位性を持つ人が、業務の適正範囲を超えて精神的・肉体的苦痛を与える、職場環境を悪化させるといった行為を指す。つまり権力を笠にして、相手に苦痛を与える行為とも言える。

今回は、キャリコネニュース読者から寄せられた「理不尽な上司」に関するエピソードを紹介する。技術職の40代男性は、過去の職場で上司から、毎朝契約時間外に作業をするよう要求された。始業時間は9時、就業時間は18時だが、

「いつも始業時間の30〜60分前に出勤し、前夜の処理で出力された帳票をチェックして振り分けする作業が必須だった」

という。また、「祝日には朝6時から23時頃までの勤務を要求された」といい、これも契約範囲外にあたる。

「仮眠も取れないまま夜勤に突入」「飲み会も強制参加で、断れば怒られます」

以前、鉄道系の建設会社で働いていた20代男性は、嫌がらせに耐えられなくなり退職した。上場している会社のため、「残業代はきちんとでますし、給与もよかった」というが、実態はブラック企業だったという。

勤務体系は終電後から始発前までの「夜勤メイン」で、人事には事前に「夜勤明けは休み」と言われていた。しかし、配属先の東京エリアは「工事が忙しい」との理由で、日勤のシフトも組まされ、週6日勤務を強いられた。

酷いときには仕事を押し付けられ、「仮眠も取れないまま夜勤に突入したこともあった」という。さらに、

「先輩社員に仕事を聞くと『見て覚えろ』と言われたり、先輩本人は寝てたりする。『暇なら仕事や勉強しろ』と言われる始末でした。飲み会も強制参加で、断れば怒られます」

と明かす。男性は「毎日が苦しくこのままだと絶対に体を壊す」と思い、入社から5か月で会社を辞めた。

「PC管理権限者がパスワードを悪用して、メールを消す」「夜にメールを大量送信」

営業職の40代女性は、元勤務先の酷いパワハラの数々を挙げた。「パソコンの管理権限者が、パスワードを悪用して、メールを消すという嫌がらせ」「仕事の情報を共有しない」といった業務に差し障りのあることや、

「複数の社員が他の社員の出社時間を監視して、分単位でも遅れると叱責」
「上の立場の社員が協力者をつくり、複数で1人を怒鳴りつける」

など徒党を組んで1人をこき下ろしたり、「タバコばかり吸って全然仕事しない人たちが、下の者に仕事を押しつける」「上司がコンプライアンス違反を押しつける」など部下に責任や仕事を押し付けるといったことが普通に行われていたという。ほかにも、

「会社にかけておいた服を踏んづけられる」
「夜にメールを大量に送られてくる」

といった"いやがらせ"としか言えない行為もされたという。さらには、「女性社員をやたら触る」といったセクハラもあった。

ほかにも、

「今の職場ですが、入社2日目で残業指示。上司は生活残業、私は月150時間残業。仕事の相談をしても分からないの一点張り」(20代男性、管理・事務職)
「前の勤め先で、あまりにも理不尽な事で怒られました。理由は交通の便も非常に悪く、終バスの時間が過ぎ、やむなく家族に迎えの電話をしただけです」(30代女性、クリエイティブ職)

といったエピソードが寄せられた。

キャリコネニュースでは「ブラック企業経験談」や「あなたの思う『ブラック企業の見分け方』に関するアンケートを募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)