理解不能なモンスター新人に遭遇した人たち「挨拶がすべて"うーっす"」「尊敬できない人とは仕事は一緒にできないと言い放つ」

理解不能なモンスター新人に遭遇した人たち「挨拶がすべて"うーっす"」「尊敬できない人とは仕事は一緒にできないと言い放つ」

理解不能なモンスター新人に遭遇した人たち「挨拶がすべて"うーっす"」「尊敬できない人とは仕事は一緒にできないと言い放つ」の画像

最近の若者は、会社での協調性よりもプライベート重視だったり、叱られ慣れていなかったりする。そんな声が少なくはなく、キャリコネニュースの読者から"モンスター新人"と奮闘したエピソードが相次いでいる。

販売・サービス職の40代男性は、新人に呆れている。とにかく残業をやらず、注意すると「パワハラですよ」の一点張り。

「新人なのに自分の出張の準備を他人に任せる始末。仕事もろくに出来ないのに、言いたいことは言う馬鹿な新人にガッカリ」

親が市役所の課長ということもあり、プライドだけは高い。コネ入社なので上役も見て見ぬふりだという。男性は「改善の兆しが無い。困ったものだ」とこぼした。

新人に「なんで質問しないの?」と聞くと、「聞くのが面倒だから」

クリエイティブ職の40代男性は、新人がとった常識はずれの振る舞いについて「枚挙に暇がないと」と嘆いている。

「挨拶ができない。基本的に黙って席に座り、黙って帰っていく。自分は仕事が遅れても問題ないという認識だが、相手が遅れると烈火のごとくキレる」

さらに、「自分のやり方以外の仕事は受けない」「尊敬できない人とは仕事は一緒にできない」などと言いたい放題だという。男性は思わず、「お前、どんだけ偉いんだ」と質問してしまったこともあったが、

「『じゃあ、僕が君とは仕事できないって言ったらどうすんの』と聞いた際には、『それでいい」と返され、その場にいた全員が固まりました』

という。さらに新人は、仕事をお願いしてもやらないという。どうしてやらないのかを聞くと、

「『言われて理解できないことはやらない』そうです。『じゃあ、なんで質問しないの?』って聞いたら、『聞くのが面倒』だそうです」

という。結局、新人は「自分の行くべき道がわかった」と退職した。

「挨拶をしない。ミスを認めない。SNSに会社にとって不利益な事を書き込む」

建設機械の運転手をしている30代男性は、昨年入社してきた新人に呆れた。

「目上の人や他業者さんに対しての挨拶がすべて『うーっす』でした。挨拶された他業者さんの中には、彼を睨みつけてる人やあからさまに無視してる人もいました」

この新人は未経験者だったが、入社当初から「一人前の給料がもらえる」と思い込んでいたという。半年ほど勤務したが、「給料が安すぎる」と辞めていった。

ほかにも、「挨拶をしない。ミスを認めない。SNSに会社にとって不利益な事を書き込む」(40代女性、販売・サービス職)といったエピソードも寄せられた。

キャリコネニュースでは引き続き、「ありえない新人エピソード」や「上司のコミュニケーション能力に不満はありますか?」を募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)