ブラックからホワイト企業に転職して驚いたこと「有休を取っても評価が下がらない」「自爆営業もない」

ブラックからホワイト企業に転職して驚いたこと「有休を取っても評価が下がらない」「自爆営業もない」

ブラックからホワイト企業に転職して驚いたこと「有休を取っても評価が下がらない」「自爆営業もない」の画像

ブラック企業の劣悪な職場で働いていた人は、「ホワイト企業に転職して驚いた」という人が少なくない。働く環境にギャップがあるというのだ。キャリコネニュース読者からは、

「有給が取れる。残業代がもらえる」(30代女性、管理・事務職)
「色々な手当てと残業代が15分刻みで付くこと」(40代男性、技術職)

といった声が寄せられた。本来、有給休暇の取得や残業代の支給は当然であるはずが、ブラック企業に勤めていると感覚が麻痺する人も少なくないようだ。今回はブラック企業から転職して驚いたエピソードを紹介する。

「罵声や蹴る、ひっぱたくといった暴力は日常茶飯事でしたが、それもないんです」

ホワイト企業の働きやすさにカルチャーショックを受ける人は多い。営業職として働く30代男性は、ホワイト企業に転職し、「残業もパワハラもない職場にびっくりした」と書いている。

「ブラック企業にいたときは、毎月200〜300時間の残業は当たり前でした。罵声や蹴る、ひっぱたくといった暴力は日常茶飯事でしたが、それもないんです」

以前は催事ごとに商品の購入を強制されていたというが、「いまは自爆営業がなく、驚いています」と綴る。

管理・事務職の40代女性も、「サービス残業がなく、職場の雰囲気がギスギスしていなくて働きやすいです」と歓喜の声を寄せた。職場を牛耳る"お局"がいないことが職場環境に大きな影響を与えているという。さらに、

「何か問題があったとき、根性論・精神論ではなく理にかなった方法で問題解決されます。職場で誰かが怒鳴る声がしないですし、メンタル面での休職者もいません。働きやすいので、離職率が低いのもいいですね」

と綴る。ホワイト企業に転職したことで、福利厚生に恵まれたほか、休憩時間にしっかりと休めるなど仕事を楽しんでいる様子だ。

「体調不良で休むと翌日ネチネチ言われたけど、転職先は『大丈夫?』」

管理・事務職の30代男性は、「有給を使用しても評価が下がらない」と驚いたという。それどころか転職先では一定水準まで有給休暇の消化を求められ、休みが取りやすくなった。

「繁忙期が明確になったので、状況を見ながらですが休みが取れるようになりました。それに、体調不良で欠勤したメンバーがいても誰も責めません」

クリエイティブの30代女性は、「余裕があるからなのか、周りに気遣いをする人が多いですね」と記す。たしかに十分な休みが取れたり、人間関係が良かったりすれば気持ちにゆとりが生まれ、周りに配慮できるようになるだろう。

「ブラック企業では、体調不良で休むと翌日ネチネチ言われたことがありました。でもホワイト企業では『大丈夫?』と言ってくれるんです。仕事面でもサポートを申し出てくれます」

ほかには、「第3子出産の時に1か月ほど育児休暇がとれたのは本当にありがたかった」技術職、40代男性)、「早く帰らないと怒られる」(技術職、20代男性)といった驚きエピソードが寄せられている。

キャリコネニュースでは引き続き、「ブラック企業→ホワイト企業に転職して思うこと」や「あなたの思う『ブラック企業の見分け方』に関するアンケートを募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)