夫に子どもを任せて外食に行ったら「信じられない」と店を出禁にされた女性 「意味わからない」「理不尽」と同情の声も

夫に子どもを任せて外食に行ったら「信じられない」と店を出禁にされた女性 「意味わからない」「理不尽」と同情の声も

夫に子どもを任せて外食に行ったら「信じられない」と店を出禁にされた女性 「意味わからない」「理不尽」と同情の声もの画像

はてな匿名ダイアリーに8月下旬、夫に子どもを任せてお気に入りの店で食事に行っていたら「小さい子供がいるのに信じられない」と出禁になったと嘆く投稿があり、注目を集めました。投稿者はもうすぐ40歳で、3歳と8か月の乳幼児がいる育休中の母親です。

夫とは家事分担をし、お互いの趣味を大切にする良い関係を築いています。投稿者は毎週末、趣味のサークルの練習があり、その日は夫が子どもの世話をし、夫の薦めで「ひとりでゆっくり外食をしてもいい日」にもなっているそう。

乳幼児を抱える主婦は、外食どころかふだんの食事ですらゆっくり味わって食べるなどできませんから、嬉しい配慮です。ところが、常連になったお気に入りのお店で、近ごろ働くようになった店主の奥さんから、

「小さい子供を置いて来るなんて信じられない。早く帰ったほうがいい。子供がかわいそう」

と言われたと言います(文:篠原みつき)

最近店に出るようになった店主の妻「小さい子供がいるのに許せない。店に入れないで欲しい」

小さい子どもがいる母親は、ちゃんと面倒見ている大人がいても外出してはいけないのでしょうか。同じ立場の父親なら言われないのではないでしょうか。理不尽な対応に、投稿者は言い返しそうになりましたが、居心地のいい店を失うのも惜しいので「私たぶんいい母親じゃないんですよ〜」と受け流しました。

その後、ひとりでは行きづらく、久しぶりに友人に誘われて行くことになったある日。先に店に着いた友人が、なんと「店に入れてもらえなかった」と出禁を食らってしまいました。友人によれば、入店するとすぐ店主に隅へ呼ばれ、奥さんが投稿者のことを

「小さい子供がいるのに許せない。店に入れないで欲しい」

と言っていると聞かされました。「(投稿者を)店に入れるなら離婚する」とまで言われたとのこと。投稿者は行儀よく飲み食いしていた自負があるので大きなショックを受けました。友人や夫から、食べログに書いたり、嫌味を言いに行ったりすればいいのではと言われましたが、

「そんなことをしても、私が再びあの店に行くことはできないし、謝罪されることもない」

と意気消沈しています。

「自分も我慢してきたんだからお前もしろ」と言う上司や先輩に似ている?

店主の奥さんは接客に入るまで専業主婦をしており、10歳の息子さんがいます。恐らく、自分のやりたいことは我慢して、子育てに集中してきた人ではないでしょうか。だからといって自分の価値観を他人に、しかも常連客に押し付けて出禁にするとは常軌を逸しています。この投稿に600近くのコメントが付き、

「これはちょっと意味わからないので本当なら食べログ一択だなぁ……」
「店の名前書けばいいのに」

など、店を晒すよう薦める人も。「理不尽オブ理不尽な話だった。新しく素敵なお店に出会えますように」という励ましも多く、同情コメントが相次ぎました。投稿者は、割り切って他のお店を探して欲しいです。また

「店主の浮気相手だと思われてるのに1000ペソ!」
「浮気を疑われたとか?『私たぶんいい母親じゃないんですよ〜』も、外で火遊びをする悪い母親(妻)と誤解したとか」

など、不倫と誤解された、店主と仲良くなり過ぎたのでは、という見方が目立っていました。店主の奥さんに共感するコメントは見当たらなかったので、「母親は外出しちゃダメ」と考える人は多くないのでしょう。

ただ、実際に投稿者と同じことができる人は、少ないようにも感じられます。「奥さんの嫉妬」は、夫の不倫疑惑より、「子育て中なのに一人の時間が持てる立場」に対してかもしれません。しかしこれ、「自分も我慢してきたんだからお前もしろ」と言う理不尽な上司や先輩に似ていませんか? 食べログに書くまでもなく、お店が繁盛店であり続けるのは難しい気がします。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)