台風直撃でも「みんなの思いが職場にあれば必ず出勤できるはず」と上司から連絡 「無理なときは無理」と反発相次ぐ

台風直撃でも「みんなの思いが職場にあれば必ず出勤できるはず」と上司から連絡 「無理なときは無理」と反発相次ぐ

台風直撃でも「みんなの思いが職場にあれば必ず出勤できるはず」と上司から連絡 「無理なときは無理」と反発相次ぐの画像

9月9日の深夜から未明にかけて、過去最強クラスともいわれる台風15号が首都圏を直撃した。9日は月曜日ということもあり、各地で「会社に出社すべきか否か」「行こうと思っても電車が動かない」といった混乱が生じていた。

ヤフー知恵袋には同日未明の0時過ぎに、関東在住の会社員から、こんな相談があった。台風直撃を受けて上司から、社員全員に向けて

「タクシーなどの手段も考えて出勤してください、みんなの思いが職場にあれば必ず出勤できるはずです」

と連絡メールがきたというのだ。相談者宅は電車で1時間半ほどかかる距離で、タクシーも捕まるか分からない。そのため、「また状況を見ながら連絡します」と返信したものの、「なにがあっても出勤しますと応えるべきだったでしょうか?」と質問している。(文:okei)

「台風を理由に遅刻する社員はそこまでの社員」という会社も

どんな大事な仕事が職場にあるのか不明だが、精神論で職場にたどり着けとは一体どういうことなのか。回答欄では

「今どきこんなおバカさんな上司いるんですね。思いがあったって物理的に無理なときは無理です。明日なんてタクシーつかまりませんよ」
「思いって何でしょ?普通に考えておかしいですよね。台風が落ち着いて公共機関が動いてれば行けばいい」

といった上司に対する厳しいツッコミが相次いだ。こんな日は、タクシーは捕まらないし、乗れたとしても渋滞を覚悟しなければならない。電車で行くよりも時間がかかるし、タクシー代の負担はどうするのか?と冷静に説く人もいたがまったくその通りだ。

10日放送の『とくダネ!』(フジテレビ)では、中小・大企業を含む20社に対して「通勤に関して社員に何らかの指示を出しましたか?」とアンケート調査をしていた。「指示した」は16社で、「しなかった」のは4社という結果だった。

「しなかった」と答えた企業のうち、大手外資系企業は「日頃から社員自身に出社か在宅勤務か判断を委ねているので」とのことだったが、ある中小IT企業は、

「台風を理由に遅刻する社員はそこまでの社員だと思うから」

と冷たい回答をしていた。考え方は会社や上司によって変わるものだが、日本はこんなときにも愛社精神をアピールしなくてはならないのか、と考えさせられる。

事情はそれぞれだが「台風直撃なんかに負けるな」は考え直すべき

ヤフー知恵袋には同日、他にも「台風直撃の日は、会社を休みにすべきだと思いませんか?」という質問が寄せられていた。「思う」「怪我のリスクとか考えたら休みにするべきだよね」などと、多数の「休み賛成」派が声を上げる一方、

「最初から駄目と決め付けず、とにかく歩いてでも行く努力をする、台風直撃なんかに負けるな」

という声もあった。ツイッターには「医療関係者は、こんな時だからこそ頑張って行かなくてはならない」というツイートもあったので、一概に社畜などと言えない。しかし、自然の脅威に逆らってまで「出社を強要」は、もう少し冷静に考え直す必要があるだろう。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)