20〜40代の7割超が「経済的に子供を持つ余裕がない」 「適切な貯金ができている」という人も3割以下

20〜40代の7割超が「経済的に子供を持つ余裕がない」 「適切な貯金ができている」という人も3割以下

20〜40代の7割超が「経済的に子供を持つ余裕がない」 「適切な貯金ができている」という人も3割以下の画像

ビッグローブは9月30日、「お金に関する意識調査」の結果を発表した。調査は9月頭にインターネット上で実施。インターネットを利用する人のうち、スマホを所有する全国の20代〜60代の男女1000人から回答を得た。

20代〜40代の男女600人に「現在、経済的に子供を持つ余裕がないと感じるか」聞いたところ、「感じる」が42.3%、「やや感じる」が28.3%という結果になった。実に7割を超える人が経済的に子供を持つ余裕を持っていない。

「経済的に豊かではない」と感じる瞬間2位 「預貯金の残高を見た時」

「感じる」と「やや感じる」の合計を年代別に見ると、20代は76.0%、30代は64.5%となっていた。20代で早くも諦めそうになっている人が多数いるようだ。

現在、適切な預貯金ができているかについて、「思う」という人は5.4%しかおらず、「どちらかというと思う」(22.5%)を足しても3割以下だった。

また、お金を貯めることに「自信がある」という回答も6.6%のみ。「ややある」(25.8%)を合わせても約3割と低い数値となっている。

最後に、世間と比べて経済的にどう思うかを聞いた。「経済的に豊かだと思う」という人は、3.0%にとどまり、「どちらかというと、経済的に豊かだと思う」は30.4%、「どちらかというと、経済的に豊かではないと思う」は40.0%、「経済的に豊かではないと思う」は26.6%となった。

「経済的に豊かではない」と感じている666人に、そう感じる瞬間を聞いたところ、「欲しいものを買うのに躊躇する時」(62.0%)が最多だった。他にも

「預貯金の残高を見た時」(55.6%) 「質よりもまず価格が気になる時」(41.1%) 「年金に強い不安を感じる時」(40.2%)

といった声が寄せられ、「裕福な友人・知人の話を聞いて自分と比べた時」も2割程度いた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)