殺処分を逃れた犬猫の写真展、大阪で開催「動物は"買わずに飼う"という選択をして」

殺処分を逃れた犬猫の写真展、大阪で開催「動物は"買わずに飼う"という選択をして」

殺処分を逃れた犬猫の写真展、大阪で開催「動物は"買わずに飼う"という選択をして」の画像

動物の殺処分ゼロを目指す公益財団法人どうぶつ基金は、殺処分を逃れた犬や猫たちを被写体とした「いのちつないだワンニャン写真・動画コンテスト2019 入賞作品展」を10月17〜19日に大阪本町ガーデンシティ(大阪市中央区)で行う。

同イベントは「"本当なら殺されていたかもしれない小さな命が救われ、共に生きる"ことの尊さを多くの人に知ってもらうため」に開催。コンテストは2010年よりWEBサイト上で実施し、入賞作品の展示を行っていた。展覧会は今年で10回目。

「人間の手によって救われた命である一方で、人間のエゴで殺処分されている」

行政や動物愛護団体、個人ボランテイアから譲渡された犬や猫をはじめ、町で保護された犬や猫やさくらねこTNR、地域猫たちが被写体になっている。さくらねこTNRとは、飼い主のいない猫に対し、不妊去勢治療を行い、元の場所に戻した証として、耳先をさくらの花びらのようにV字カットした猫のことだ。

コンテストには愛らしい写真・動画作品とともに、エピソードも送られるという。同団体は、

「悪戦苦闘の末、さくらねこになったボス猫、保健所からの保護犬から産まれたワンコのなど微笑ましいエピソードから、劣悪繁殖場、収容期限切れなど、過酷な環境から命が救われ、幸せに暮らすワンニャンの作品が多くみられました」

とコメントしている。悲惨な状況の中でもたくましく、健気に生きる犬猫は生命の大切さを教えてくれるというが、「人間の手によって救われた命ですが、一方で、人間のエゴや身勝手な理由により殺処分されているという現実があります」と指摘する。

「日本では毎年数万頭もの犬や猫が、『もういらない』『売れ残った』『子供を産んだ』『捨て猫が山に入ってノネコになった』といった人間の都合で、殺処分され、多くの命が奪われているのです。本写真展の作品を見て、次に犬や猫を飼おうと思ったときに『買わずに飼う』という選択をしていただければと願わずにいられません」

会場では環境大臣賞、大阪府知事賞などを受賞した作品を使ったカレンダーやチャリティーグッズも同時販売。収益金はすべて同団体の"殺処分ゼロ"活動のために使われる。今回はねこ画家・ペペ島田さんが描いた「さくらねこ」の作品を会場にて初公開する。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)