出生数の減少ペースが加速、2019年1〜9月は5.6%減 「就職氷河期の対策遅すぎた」という声相次ぐ

厚生労働省が人口動態統計を発表 出生数5.6%減に「令和ベビーとは何だったのか」の声

記事まとめ

  • 厚生労働省が人口動態統計を発表、ネットでは出生数の減り方が注目を集めている
  • 今年1〜9月に生まれた子どもの数は前年同期比5.6%減で、5%超は1989年以降ないそう
  • 「令和ベビーとは何だったのか」「移民を入れるしかない」との声があがっている

出生数の減少ペースが加速、2019年1〜9月は5.6%減 「就職氷河期の対策遅すぎた」という声相次ぐ

出生数の減少ペースが加速、2019年1〜9月は5.6%減 「就職氷河期の対策遅すぎた」という声相次ぐ

出生数の減少ペースが加速、2019年1〜9月は5.6%減 「就職氷河期の対策遅すぎた」という声相次ぐの画像

厚生労働省は26日、最新の人口動態統計(速報)を発表した。調査は今年9月までの「出生」「死亡」「婚姻」「離婚」「死産」が対象で、全国の市区町村が作成した調査票を集計した。

ネット上でひときわ注目を集めているのは、出生数の減り方だ。今年1〜9月に生まれた子どもの数は67万3800人で、前年同期比5.6%減だった。一部報道によると、5%を上回る減少は1989年以降ないという。

「令和ベビーとは何だったのか」「移民を入れるしかない」

今年1〜9月の「死亡数」に関しては103万2935人で、前年同期比1.2%増だった。少子高齢化の「少子」と「高齢化」が同時に進み、これによる人口減少は"待ったなし"の状況と言っていい。

ネット上でも危機感を抱いた人が多かったようだ。5ちゃんねるにはスレッドが立ち、27日正午現在もスレッドが伸び続けている。主なレスには

「令和ベビーとは何だったのか」
「このペースだと2065年頃には出生数0じゃん」

と驚きを隠せなかった人や「就職氷河期の人たちの対策が遅すぎるわ 今更子供持たないだろうし」「移民を入れるしかない」と政策の遅れを指摘する声もあった。

また、「令和で結婚した人多いから 来年はベビーブームかも」というレスがあったように、一見すると新元号の影響を受けた"令和婚"が増えるかに思われた「婚姻件数」だが、実際には45万851組で、同0.4%増にとどまっている。

月別の「婚姻件数」を示した折れ線グラフでは、昨年は年間を通じて4〜6万組の間で推移していた件数が今年5月のみ9万組を超えた一方、このほかの月ではいずれも昨年より婚姻件数が低下した。全体数としての夫婦成立は大きく増えなかったものの、改元のタイミングでの"令和婚"を選んだ人は多かったようだ。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)