凶悪すぎる上司の言動「キレると手が出て2人が病院送りに」「一度見せたから覚えただろ?」

凶悪すぎる上司の言動「キレると手が出て2人が病院送りに」「一度見せたから覚えただろ?」

凶悪すぎる上司の言動「キレると手が出て2人が病院送りに」「一度見せたから覚えただろ?」の画像

気分屋の上司というものは厄介だ。キャリコネニュース読者からも、

「機嫌が悪い時は一切シャットアウト。急ぎの仕事で質問しても返事なし、もしくは『さあ?』。週に3日はその状態」(40代女性、管理・事務職)

といった声が寄せられている。今回は残念上司エピソードを紹介する。クリエイティブ職の40代女性は、外国人の上司に苦しんでいる。日本語は日常会話ができる程度で、意思の疎通が難しいという。

「仕事の話になるとなかなか通じず、元からの性格が適当ということもあり、行き違いだらけ。『俺に任せとけ』と啖呵を切るものの、一切手をつけず寝かせている。それで事故が起きると『なぜやってない!」とブチ切れるのは日常茶飯事。手も出るタイプで、これまで2人が病院送りになった」

また「自分が一緒に見る」と「お前がやっとけ」を同じ意味に捉えている節もあるため、部下は困っているようだ。言語の壁は大きいが、何の対策もせずに放置している会社側にも問題があるのではないだろうか。

「具体的に何をどうすればいいんでしょうか」と聞き直しても無視

販売・サービス職の50代男性は、上司の無責任な態度に不満を漏らす。上司は、仕事のやり方や進め方についての説明をしない。それにも関わらず、倉庫や冷蔵庫にある在庫の置き場所について聞くと、

「一体いつになったら覚えるんですか?いい加減覚えてください!」

と"ブチ切れる"という。それも店内に響き渡るような声で怒鳴り散らす。また、「具体的に何をどうすればいいんでしょうか」と聞き直しても無視。指示も曖昧だという。男性は、

「こんな一切何も答えてくれないような人物が、責任者になっていることが、嘆かわしいです」

とこぼしている。

「『自分で考えろ!』と言っておきながら、自分の考えと違えば否定される」

物事を決めつけるタイプの上司もいる。現場監督として働く20代男性の上司もその1人だ。新人に対して「一度見せたから覚えただろ?」といい、即戦力と考えている上司に振り回されている。

「作業でチェックをさせられるも、やり方が分からず聞くと『自分で考えろ!』と言われる。自分なりに考えて作業をするが、上司の考えと違えば否定される。聞きたくても全員が忙しいため、聞きに行く時間すらない時もあるう」

男性はその原因について会社の方針が「少数精鋭だから」と綴るが、本当に"精鋭"なのか甚だ疑問だ。さらに、「現場監督を減らしてお金儲けだけを考えているため、教えてもらう時間が無くなり、コミュニケーションが減ってしまうと考えられます」とも述べた。

※キャリコネニュースでは引き続き「上司のコミュニケーション能力に不満はありますか?」や「年末年始、休めますか?」に関するアンケートを募集しています。

【みんなで投稿】あなたの経験したブラック企業エピソード

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)