【コンサルティング業界編】給与の満足度が高い企業1位は野村総合研究所「同世代の平均よりも高いことは確かだと感じる」

【コンサルティング業界編】給与の満足度が高い企業1位は野村総合研究所「同世代の平均よりも高いことは確かだと感じる」

【コンサルティング業界編】給与の満足度が高い企業1位は野村総合研究所「同世代の平均よりも高いことは確かだと感じる」の画像

企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」は11月、「コンサルティング業界の給与の満足度が高い企業ランキング」を発表した。コンサルティング業界に属する企業をピックアップし、キャリコネのユーザーによる「給与の満足度」評価の平均値が高い順にランキングにした。【参照元:キャリコネ】

調査対象は、『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)の「コンサルティング」に記載の企業のうち、対象期間中に「キャリコネ」に20件以上評価が寄せられた企業。対象期間は、2016年4月〜2018年3月。

1位は「野村総合研究所」で、給与の満足度は4.43。2位以降、「デロイトトーマツコンサルティング」(3.41)、「アクセンチュア」(3.29)、「日本アイ・ビー・エム」(3.26)、「アビームコンサルティング」(3.24)と続く。

野村総合研究所「若いうちはあまり差がつかず年功序列だが、一定の役職を超えると報酬の差は大きくなる」

1位の野村総合研究所については、

「同世代の平均よりも高いことは確かだと感じる。若いうちはあまり差がつかず年功序列だが、一定の役職を超えると報酬の差は大きくなる。半期に一度、成果について上長にアピールするチャンスがある。ここで新しい仕事のアサインに影響することもある」(システムエンジニア/20代後半男性/年収780万円/2017年度)

といった口コミが寄せられている。同社は、国内最大のシンクタンクであり、システムインテグレーターとして企業の経営戦略立案からシステム構築・運用もサポートしている。

すべての付加価値の源泉を「人」と考え、教育制度や評価制度を充実させている。専門職に関しては年功序列ではなく、業績や成果、能力に応じて評価。また、2016年から2017年にかけては東京・横浜・大阪の大規模拠点を移転し、フリーアドレス型レイアウトの採用や朝食・夕食も摂れるカフェテリア、企業内保育所の開設など、働きやすい環境づくりに注力している。

こうした取り組みにより、「第9回ワークライフバランス大賞」優秀賞受賞や「えるぼし(最高位「三つ星」)」「プラチナくるみん」の認定、「なでしこ銘柄」「健康経営優良法人(ホワイト500)」への選定など、外部機関からも高い評価を得ている。2019年3月期の有価証券報告書によれば、平均年間給与は約1222万円と高額だ。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)