ブラック企業から脱出して気づいたこと「休日に電話がかかってこない」「無視してくる上司や同僚がいない」

ブラック企業から脱出して気づいたこと「休日に電話がかかってこない」「無視してくる上司や同僚がいない」

ブラック企業から脱出して気づいたこと「休日に電話がかかってこない」「無視してくる上司や同僚がいない」の画像

ブラック企業からホワイト企業に転職すると、その働きやすさに驚く人もいる。ホワイト企業はオンオフがしっかりしていることが多く、ブラック企業のようなプライベートの時間を侵食されることはあまり見られない。キャリコネニュース読者からも、

「休みの日に電話に出ないと、それが夜中だとしても、あとでかけ直したときに文句を言われていた。ホワイト企業は、そもそも休みの日に電話はかかってこない」(30代女性、管理・事務職)

といった声が寄せられている。今回はホワイト企業に転職して改めて前職がブラック企業だと気づいた瞬間を紹介する。

会社の人からLINEが来るとしたら「君の近所のパン屋、今日やってる?」

管理・事務職の40代男性の前職では、休日に上司から「あれって、どこにある?」「これから出勤できる?」という電話がかかってきた。それが現在では、

「『君の近所のパン屋、今日やってる?』や『今度の日曜に山菜を取りに行くけど一緒にどう?』と仕事と関係ないLINEが届くようになった」

という。営業職の20代女性は、現在の職場について「休日出勤したら当たり前のように代休が取れることに感動した」と綴っている。前職では代休制度は一切なく、有休取得も難しい環境だった。

「前社の年間休日は110日。でもその内の15日以上は休日出勤していたので、実際の休みは95日もなかったと思う。今の会社では、『休日対応お疲れ様!』と周りから労りの言葉をかけてもらえる」

現在の上司も、「いつ代休取るの?」「年末で忙しくなる前に取った方がいいよ?」と声がけをしてくれるという。

15分前に出勤したら「うちの会社は2、3分前に出勤しても誰も文句を言わないからね」

管理・事務職の30代女性は、現在の勤め先について全体的に人間関係が穏やかで、定時にはきっちり帰れる会社だという。

「無視したり、ネチネチ怒ったりする上司やポールペン1本やノート1冊など、細かい備品がすべて支給される。同僚がいない。メモを取る時間をくれるし、わからないところを聞いても嫌な顔をされない。残業代も出る」

同僚にお茶を入れることもなく、「これは新人がやる仕事です」と言われたこともないそうだ。さらに、

「15分前に出勤したら『うちの会社は2、3分前に出勤しても誰も文句を言わないからね』と上司に言われ、実際に誰からも咎められない」

と綴っている。

※キャリコネニュースでは引き続き「ブラック企業→ホワイト企業に転職して思うこと」や「"自爆営業"エピソード」に関するアンケートを募集しています。

【みんなで投稿】あなたの経験したブラック企業エピソード

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)