女性の過半数「夫の家事・育児に不満」 「ちょっとやっただけで偉そうにするのはやめてくれ」

女性の過半数「夫の家事・育児に不満」 「ちょっとやっただけで偉そうにするのはやめてくれ」

女性の過半数「夫の家事・育児に不満」 「ちょっとやっただけで偉そうにするのはやめてくれ」の画像

ビースタイルは1月6日、「夫の家事・育児」に関する調査結果を発表した。調査は11月にネット上で実施し、同社が運営する『しゅふJOB』に登録している女性725人から回答を得た。

夫の家事・育児の取り組み方について聞くと、「家事・育児を全く行っておらず不満」が14.0%、「家事・育児を少しは行っていたが不満」が38.5%となり、合計52.5%が不満を感じていた。一方、「満足」は19.3%、「不満はない」は28.3%だった。

「やらせると中途半端だったり、レベルが低くて二度手間になる」

「家事・育児を全く行っておらず不満」と回答した人からは、

「今さら言っても何も変わらないので、もう言う気もない」(40代)
「子供たちは夫の姿を見ているので、子供たちのほうが協力的である」(40代)

などの声が寄せられた。中には「本当に全くやらない人なので、こちらのストレスが限界を超え離婚を考えます」(40代)という声もあがっている。

一方、「家事・育児を少しは行っていたが不満」と回答した人からは、

「やってほしいことは多々あるが、やらせると中途半端だったり、レベルが低くて二度手間になる」(30代)
「ちょっとやっただけで偉そうにするのはやめてくれ」(40代)

など、家事を行ったとしても妻と夫の認識の間にかなりのギャップがあり、ストレスの原因になっている人もいるようだ。

夫が取り組んだ方がいい家事育児1位「掃除や片づけ」2位「名もなき家事全般」

「夫が取り組んだ家事・育児」を聞くと、1位は「ゴミ出し」(43.5%)。2位以降、「買い物」(36.2%)、「掃除や片づけ」(28.7%)、「料理」(21.0%)、「洗濯」(20.5%)、「家族の送り迎え」(17.7%)、「子どもの入浴」(15.8%)という結果になった。

これに対し、「夫が取り組んだ方がいい家事育児」を聞くと、1位「掃除や片づけ」(41.6%)、2位「名もなき家事全般」(35.2%)、3位「料理」(28.4%)となった。2位の「名もなき家事全般」について、

「日々の小さな家事を理解してほしい」(40代)
「夫が一定期間お休みを取り、主夫になってもらいました。名もなき家事の多さに驚いたと言っていました」(30代)

という声が集まった。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)