ミスを部下になすりつける上司に困惑「勝手にパスワード変えていないか?」「そんなはずはない、お前の管理が悪い」

仕事のミスを部下になすりつける上司に困惑 上司が非を認めず退職を決意する人も

記事まとめ

  • 上司のミスや勘違いを自分のせいにされたことがきっかけで退職を決意した経験談を紹介
  • 上司のミスなのに報告書を書かされ社長に報告しても自己都合での退職を強制された人も
  • 仕事上でのミスや勘違いを含め、上司が自分の非を素直に認めず退職を決意した人もいた

ミスを部下になすりつける上司に困惑「勝手にパスワード変えていないか?」「そんなはずはない、お前の管理が悪い」

ミスを部下になすりつける上司に困惑「勝手にパスワード変えていないか?」「そんなはずはない、お前の管理が悪い」

ミスを部下になすりつける上司に困惑「勝手にパスワード変えていないか?」「そんなはずはない、お前の管理が悪い」の画像

会社の労働環境が悪ければ、誰でも退職を考える瞬間がある。給料や残業、休日などの条件が合わないだけでなく、上司の言動をきっかけに退職を決意したという声が寄せられている。管理・事務職の40代の男性は、過去に勤務した会社で、

「『社員はファミリー』と言いながら失敗でもしてしまうと自己満足できるまでとことん叱責し、挙句は自分のミスまで社員の責任にされることもあった」

と振り返る。上司のミスを擦り付けられてはフォローする部下もたまったものではない。今回は、上司のミスや勘違いを自分のせいにされたことがきっかけで退職を決意したエピソードを紹介する。

「本部や周りのスタッフが気づいてくれたけど、上司の話を鵜呑みにされていたら……」

調剤薬局勤務薬剤師の40代女性も、上司のミスを擦り付けられた一人だ。

「管理薬剤師である上司のミスなのに、お詫びに私を同行させ『薬局で起きたことはすべて管理薬剤師である私の責任です』と、私がミスをしたような言い訳をし、報告書もミスをしていない私が書かされた」

この件を社長に報告して管理薬剤師を変えてもらいたいと伝えても「変える必要はない」と取り合ってもらえず、自己都合で退職するように強制してくるようになったという。社長にも上司にも期待できない職場だったようだ。

販売・サービス職の40代女性は「新人の頃、上司が起こしたミスもすべて私のせいにされた。本部や周りのスタッフが気づいてくれたけど、上司の話を鵜呑みにされていたら辞めるところだった」と綴る。自分のミスを部下のせいにする上司は、残念ながら少なくはない。

「自分の非を認めようとしなかった上司に嫌気がさし、退職を決意しました」

仕事上のミスばかりでなく、上司の勘違いを自分のせいにされたという人もいる。クリエイティブ職の30代女性は、社内で共有しているWebツールに上司だけがログインできなくなったとき、イライラした態度で「勝手にパスワードを変えていないか?」と聞かれた。

「情報共有なしに勝手に変えないことを伝え、なぜログインできなくなったのかを聞いたところ、上司自身がパスワードを変えていたことが発覚。共有で使っているツールのパスワードを独断で変えておきながら、部下に同じことをやったのではないかと疑うことに驚きました」

これ以外にも上司の仕事に対する姿勢にも不満を覚え、女性は「限界が来た」とこぼす。

建設会社にいた時のエピソードを綴ったのは30代女性。上司から存在しない書類を出力するよう求められ、ないことを伝えると「そんなはずはない、お前の管理が悪い」と怒鳴られた。

「その後、上司の勘違いだとわかりました。しかし、自分の非を認めようとしなかった上司に嫌気がさし、退職を決意しました」

仕事上でのミスや勘違いを含め、自分の非を素直に認めない上司では、円滑に仕事を進めていくことは難しいだろう。退職を意識させてしまうのも無理はない。

※キャリコネニュースでは引き続き「会社を辞めようと思った瞬間」や「社員旅行にうんざりしたこと」に関するアンケートを募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)