【精密機器業界】仕事にやりがいを感じる企業ランキング1位は東京エレクトロン「仕事を任され、チャレンジしやすい環境」

【精密機器業界】仕事にやりがいを感じる企業ランキング1位は東京エレクトロン「仕事を任され、チャレンジしやすい環境」

【精密機器業界】仕事にやりがいを感じる企業ランキング1位は東京エレクトロン「仕事を任され、チャレンジしやすい環境」の画像

企業口コミサイト「キャリコネ」は1月6日、「精密機器業界の仕事にやりがいを感じる企業ランキング」を発表した。精密機器業界に属する企業をピックアップし、キャリコネのユーザーによる「仕事のやりがい」評価の平均値が高い順にランキングにした。【参照元:キャリコネ】

調査対象は、『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)に記載があり、対象期間中に「キャリコネ」に20件以上評価が寄せられた企業。対象期間は、2015年4月〜2018年3月。

1位は「東京エレクトロン」で、仕事のやりがい評価は5点中3.72。2位以降、「村田製作所」(3.62)、「ブラザー工業」「ソニー」(3.51)、「キーエンス」(3.44)と続く。

東京エレクトロン「国際企業に勤めているという実感を持てる」

1位「東京エレクトロン」のやりがいについては、

「仕事を任され、チャレンジしやすい環境に思う。自分でキャリアプランを持って、自発的に仕事に取り組める人のほうが向いている社風に感じる。その代わり、仕事はややハードな時期もある。本社のあるビルは洗練されたところにあり、国際企業に勤めているという実感を持てる従業員も多くいると思う」(その他職種/40代前半男性/年収680万円/2012年度)

といった口コミが寄せられている。同社は、1963年設立の半導体製造装置およびフラットパネルディスプレイ製造装置メーカー。半導体製造装置事業では国内最大手であり、世界でも第3位の売上高を誇っている。また、売上の海外比率が80%を超えるグローバル企業だ。

ワークライフバランスの実現が社員と会社を成長させると考え、さまざまな体制を整備している。2017年度からグローバル統一基準の新人事制度をスタートさせ、成果に基づいた社員評価を行っている。達成度に応じた業績連動型賞与やキャリア機会の付与などが特徴的だ。2018年度の冬のボーナス支給ランキング(日本経済新聞社)では、1位に輝いている。

また、社員のライフスタイルやライフステージに応じた柔軟な働き方を実現させる取り組みも行われている。フレックス勤務の導入に加え、2017年からは在宅勤務制度を一部の部署で試行中。年次有給休暇の取得も奨励しているほか、勤続10年以上の社員に対して2週間から1ヶ月の特別休暇(有給)を付与する「リフレッシュ休暇制度」も導入しており、2018年度の利用実績は国内で605人に上った。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)