まじかよ!? ホワイト企業に転職して動揺「本当に何もしない人がいる事に驚いた」「残業するために組合交渉が必要」

まじかよ!? ホワイト企業に転職して動揺「本当に何もしない人がいる事に驚いた」「残業するために組合交渉が必要」

まじかよ!? ホワイト企業に転職して動揺「本当に何もしない人がいる事に驚いた」「残業するために組合交渉が必要」の画像

うんざりするブラック企業に見切りを付け、念願のホワイト企業へやってきた人たち。ところが、ブラック企業に慣れてしまったあまり、新たな職場で困惑する人も多いようだ。販売・サービス職の30代男性はキャリコネニュースに

「ホワイト企業の方が制約が多くて働きにくい」

と投稿。技術職の30代男性は「有休が使えて連休も取れる。でも無能な人が居続ける」と一蹴する。キャリコネニュース読者からは、このほかにも多くのエピソードが寄せられている。(文:鹿賀大資)

「残業が少なくて想定したよりも給料が低かった」

管理・事務職の30代男性は、大企業に転職を果たした。だが、社員と中間管理職の無能さを嘆いている。

「本当に一部の有能な人間と、8割のポンコツ社員で成り立っている。本当に何もしない人がいる事に驚いた」

男性は「(大企業が)人員の量で支えられている」と考えを改めたようだ。

IT系技術職の40代男性は「時間外が少なすぎて、想定したよりも給料が低かった」と残業が少ないゆえの不満を漏らす。だからといって、仕事をやり過ぎると「結局より多くの仕事で溢れかえる」と綴り、丸きり異なるホワイト企業の働き方に苦悩している。

「危機感や責任感が薄い」と驚く声も

営業職の30代男性はIT関連の親会社に転職したが、予想外のアナログな環境に行き場のない気持ちを露わにしている。

「子会社の2〜3倍も多く給料をもらっている人がゴロゴロいるのに、あまりの情報リテラシーの無さにびっくりした。こんな人たちにこき使われていたのか……と思うとなんだかやりきれない」

営業職の20代女性も「良い意味でも悪い意味でも、危機感や責任感が薄い」と驚きを隠せない。ほかには

「定時退社日に残業したら、組合に交渉しなければいけないこと」(20代女性、管理・事務職)

といった声も。従業員を守るホワイト企業の体制はありがたい。一度残業が当たり前の環境に身を置いてしまうと、こうした考え方のギャップにとまどうのは無理もないだろう。

※キャリコネニュースでは引き続き「ウチの会社のホワイト自慢」や新型コロナウイルスについてに関するアンケートを募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)