【マスコミ業界編】休日の満足度が高い企業1位はドワンゴ「完全なフレックスで、午後3時以降に出社する社員もいた」

【マスコミ業界編】休日の満足度が高い企業1位はドワンゴ「完全なフレックスで、午後3時以降に出社する社員もいた」

【マスコミ業界編】休日の満足度が高い企業1位はドワンゴ「完全なフレックスで、午後3時以降に出社する社員もいた」の画像

企業口コミサイト「キャリコネ」は1月、「マスコミ業界の休日の満足度が高い企業ランキング」を発表した。マスコミ業界に属する企業をピックアップし、キャリコネのユーザーによる「休日の満足度」評価の平均値が高い順にランキングにした。【参照元:キャリコネ】

調査対象は、『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)の「出版」「印刷」「新聞・テレビ」「ペイテレビ」「ラジオ」に記載があり、対象期間中に「キャリコネ」に20件以上評価が寄せられた企業。対象期間は、2015年4月〜2018年3月。

1位は「ドワンゴ」で、休日の満足度は5点中3.75。2位以降、「アマゾンジャパン」「リクルートホールディングス」(同3.64)、「凸版印刷」(3.57)、「ベネッセコーポレーション」(3.52)、「J:COM(ジュピターテレコム)」(3.46)、「NHK(日本放送協会)」(3.35)、「サイバーエージェント」(3.34)、「大日本印刷」(3.33)、「TSUTAYA」(3.26)と続く。

ドワンゴ「基本的にのんびりとした社風」

1位「ドワンゴ」の働く人からは、

「休みは非常に取りやすかった。完全なフレックスで、午後3時以降に出社する社員もいた。基本的にのんびりとした社風でベンチャーのようなゴリゴリな雰囲気はほとんどない」(商品企画/30代前半男性/年収500万円/2017年度)

といった口コミが寄せられている。同社は、1997年に設立され、エンタテインメントコンテンツやシステムの企画・開発会社で、動画サービス「ニコニコ動画」等を運営している。2013年に「明治座」(浜町)から「歌舞伎座」(銀座)へ本社を移転したことも話題に。

人事評価面では、年功序列ではなく役割等級制度(グレード制度)を採用。目標に対する成果が賞与に反映される。マネジメント職と専門職に分け、自身の志向に合ったキャリア構築が可能だ。福利厚生面も充実しており、歌舞伎座タワーから半径5キロメートル圏内の居住者に月額3万円が支給される「近距離手当」や、保育料などの半額相当を支給する「育児手当」も(上限あり)。法定以上の育児休業制度や歌舞伎座タワー内に設置された「どわんご保育園」などもあり、育児と仕事の両立を積極的に支援している。

就業形態はフレックスタイム制か裁量労働制。オフィス内にWi-Fiや電源が完備された美容室も設置されており、ヘアカットしながらノートPCで作業することも可能。先進的で働きやすい環境が整っている。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)