会社を辞めようと思った瞬間「従業員は使用人扱い。出社しても掃除、掃除」「取引先なんかほっとけ」

会社を辞めようと思った瞬間「従業員は使用人扱い。出社しても掃除、掃除」「取引先なんかほっとけ」

会社を辞めようと思った瞬間「従業員は使用人扱い。出社しても掃除、掃除」「取引先なんかほっとけ」の画像

会社の将来性や自身の成長が望めないと感じた場合、退職が頭に浮かぶ人は多いはずだ。ではどのような時に、そう感じるのだろうか。キャリコネニュース読者からは、

「何年も機械を掃除しないため故障した。その後の対応が『掃除は仕事ではない』として修理後に何もシステムが変わらなかったこと。などなど」(30代女性、技術職)

といった声が寄せられている。管理・事務職の30代男性は、社長の極端な言動に退職を決意した。その日は人事関連の通達予告を朝に行ったので、全従業員は社長から「外出禁止」を命じられていた。それだけにとどまらず、

「社外の方とのアポイントや交渉などがあっても、全部ドタキャンを強要されました。しかも社長は『会議と社長のどっちが大切なんだ!』『業者(社外)なんかほっとけ』と迷言を連発していました」

という。社長とはいえ、言葉は選んで使わなければならない。自業自得だが後の祭りだ。(文:鹿賀大資)

「女性は結婚や出産でいなくなるから、どこまで仕事を任せたらいいかわからない」

販売・サービス職の30代女性は、入社直後に受けた上司のショッキングな発言が退職の決め手となった。上司は50代の女性だ。その日は新しく入社した女性従業員だけが集められた。すると上司は、

「『女性は結婚や出産でいなくなるから、どこまで仕事を任せたらいいかわからない。そういう予定があるなら早く教えてほしい。もちろん結婚は素晴らしいことだから、あなた方には結婚して幸せになってほしい』」

と発言したという。それを聞いた女性は、「結婚の予定もないのにいつ辞めるか教えろ、それで早く結婚しろ」と受け取り、上司の矛盾する発言に耳を疑ったそうだ。

「出社しても掃除、掃除、掃除。性根が腐ってる会社でしたね」

技術職の30代女性は、かつて在籍した「地元でも有名なブラック企業」で受けた仕打ちを明かす。知人から紹介され、事務職として入社したという。

「いわゆる田舎の小さな家族経営で、先代社長の時代から『従業員は使用人』みたいな扱いをする会社でした。出社したら、まず30分以上かかる掃除からはじまります。事務所や倉庫、各デスク、窓拭き、食器洗い、その他諸々……」

職場には「使ったグラスを洗うのは女の仕事だ!」というような男性従業員が多く、平気で流しに放置されることが日常茶飯事だった。女性は「昔からずっと続いていることなんだな」と感じたという。さらに、

「トイレ掃除に関しては、10年勤務のお局様が納得いくまで掃除をさせられました。社長は毎日、従業員を正座させ30分以上の説教。電話対応のときも怒鳴り声を出したり。いつも社長が横で聞き耳を立てていたので」

そうした状況のため、女性の後に入社した2人の新人は「1人は2日で飛び、もう1人は2か月でクビになりました」という。女性が入社する以前から事務職は固定しなかったという。お局と反りが合わず、すぐに辞めてしまう人が多かったためだ。

「あのお局なので納得しました。出社しても掃除、掃除、掃除。事務職以外の仕事と能力以下の仕事をさせられることが多かったです。性根が腐ってる会社でしたね」

結局、女性は正当な待遇を受けられないことに耐えきれず退職した。

会社を辞めたくなる瞬間はいつ訪れるかわからない。いつ辞めたくなってもいいように、自己研鑽を怠らないほうが身のためかもしれない。

※キャリコネニュースでは引き続き「会社を辞めようと思った瞬間」や「ウチの会社のホワイト自慢」に関するアンケートを募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)