ホワイト企業社員の不満「定時退社が当たり前。でも体育会系で上下関係厳しい」「仕事のためにPC自腹購入」

ホワイト企業の社員が不満を語る 残業ゼロだが実際には持ち帰り仕事が存在も

記事まとめ

  • ホワイト企業で働く30代男性は「時給5000円になる」と自社のホワイトぶりを語っている
  • 一方で「向いている仕事でも異動がある」などはデメリットとして考えているという
  • 医療職の30代女性は、社長の方針で残業ゼロだが、実際には持ち帰り仕事があるのだとか

ホワイト企業社員の不満「定時退社が当たり前。でも体育会系で上下関係厳しい」「仕事のためにPC自腹購入」

ホワイト企業社員の不満「定時退社が当たり前。でも体育会系で上下関係厳しい」「仕事のためにPC自腹購入」

ホワイト企業社員の不満「定時退社が当たり前。でも体育会系で上下関係厳しい」「仕事のためにPC自腹購入」の画像

ブラック企業が社会問題化する一方で、世の中には社員が働きやすいホワイト企業も存在する。例えば、30代男性は「有給休暇が多く、残業が少ない。年収を勤務時間で割ると、時給が5000円になる」と自社のホワイトぶりを語る。

その一方「残業が少ないので年収はそこそこ」「ローテンション人事のため、向いている仕事でも異動がある」といったことはデメリットとして考えているようだ。

他にも、残業がない、あるいはほとんどないホワイト企業に勤務する人から、どんなところに不満を持っているのかを聞いた。(文:林加奈)

「持ち帰り仕事があるため、自費でパソコンとプリンターを購入」

医療職の30代女性は、「社長との距離が近いので直接意見が言える。社長の方針で残業ゼロ。ボーナスは頑張った分だけ評価してくれる」と綴る。ブラック企業に勤務する人にとって、残業がゼロとは何ともうらやましい話だが、実際には持ち帰り仕事があるという。

「月に10時間以上は仕事を持ち帰っている。古いパソコンとプリンターではきれいな資料作りはできなかったので、買い替える羽目に。結局、ボーナスはノートパソコンとプリンターで消えていきました」

結局PC等の買い替えの費用に20万円かかったという。一時的な出費とはいえ、自費で20万円の出費は痛いところだ。残業ゼロでボーナスも出るという点はホワイトだが、まともな資料を作れる設備がなく、従業員が私物でなんとかしているという点はブラックだ。その点は会社側がしっかり対応するべきだろう。

「定時帰宅が当たり前。早く帰って子どもと遊んであげるべき」

30代の男性は、勤務先の会社のいいところを次のように語る。

「基本的に定時帰宅が当たり前、残業代も出ます。残業が多い月は『家族が待っているのだから早く帰って子どもと遊んであげるべき』と促されます」

それだけでなく、年末にボーナスとは別に現金が入った封筒を渡されたり、社長の手伝いをするとお小遣いをもらえたりと好待遇を受けている。

また、男性は持ち家に住んでいるが、住宅手当と家族手当だけで月々の返済に充てられるという。子どもと遊ぶ時間を作るように促し、各種手当でも手厚いことから、社員やその家族も大切にしている会社の姿勢がうかがえる。

誰もがうらやむ会社のように思えるが、不満な点として

「上下関係が厳しく、体育会系の会社」

と語る。この男性の場合、働きやすい環境は厳しい上下関係に耐えてこそ得られるようだ。

キャリコネニュースでは、引き続き「ブラック企業→ホワイト企業に転職して思うこと」や「ウチの会社のホワイト自慢」に関するアンケートを募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)