保護者休業、フリーランスへの補償制度が「支援と名ばかりの借金」と反発相次ぐ

保護者休業、フリーランスへの補償制度が「支援と名ばかりの借金」と反発相次ぐ

保護者休業、フリーランスへの補償制度が「支援と名ばかりの借金」と反発相次ぐの画像

新型肺炎による突然の休校を受け、仕事を休んだ保護者に対する補償制度の整備が進んでいるが、会社員と自営業で対応に差があり、フリーランスで働く人から反発の声が出ている。

厚生労働省は3月2日、臨時休校の影響等で子供が休むのに合わせて仕事を休んだ従業員が有給休暇を取得した場合、企業に対し、1人当たり日額上限8330円の助成金を出す新たな制度を発表した。対象は正規雇用、非正規雇用を問わない。

一方、フリーランスや自営業は対象外。ネット上では「結局"企業"への助成であって"人"への支援じゃないんだよね」など批判の声が相次いだ。(文:石川祐介)

「さすが利子付きの学生ローンを奨学金と偽る国だ」

偏りのある支援策に多くの非難が集中したのを受け、菅義偉官房長官は3日、個人事業主や自営業者への救済措置について発言。緊急貸し付け・保証枠として5000億円の確保の措置を講じるとした。

しかし、これは助成金を出さず、個人事業主や自営業者が借金をするハードルを下げたにすぎない。この発言に、ネット上では不満の声が再燃。

「流石は利子付きの学生ローンを"奨学金"などと偽る国だ」
「このままだと『支援』とは名ばかりの『借金』になりかねません」
「会社勤めの人はお金がもらえて『フリーランスの人は借金できる権利がもらえるので良かったね』ということ?」

支援ではなく、事実上は"借金"を促すだけの政府の措置に納得していない人が多かった。

安倍首相は2月上旬の衆院予算委員会で「多様で柔軟な働き方を後押しする政府としても取り組んでいくべき課題だ」と強調したばかり。フリーランス、自営業者にとっても子育てしやすい国になってほしいものだ。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)