あくまで酒だけど「消毒液と同等のアルコール分」 菊水酒造が新商品「アルコール77」発売

あくまで酒だけど「消毒液と同等のアルコール分」 菊水酒造が新商品「アルコール77」発売

あくまで酒だけど「消毒液と同等のアルコール分」 菊水酒造が新商品「アルコール77」発売の画像

アルコール消毒液などの品薄が続く中、菊水酒造(高知県)は4月10日、新商品「アルコール77」を発売する。同商品は、アルコール度数77度の高濃度スピリッツ。同社はリリースで

「※当商品は消毒用アルコールと同等のアルコール分を含んでおりますが、消毒や除菌を目的に製造されたものではありません」

とあくまでも"お酒"として製造しているとの注意書きを記載。だが、確かに中野区のホームページでは、新型コロナウイルスの除菌に使用する手指の消毒用アルコールに「濃度70%以上」を推奨しており、同商品のアルコール度数が消毒用としても有効であることが分かる。

「皆様のお役に立てる製品」として発売

アルコール77の原材料は、醸造アルコールと香料のみ。ラベルをよく見ると、英語で「It is a sake that can remove bacteria from cooking utensils」(食器の除菌ができる酒です)と記載されている。もともと飲料用として作られているので、食器や食品に使っても問題ないのだろう。

同社の春田和城社長はリリースで、2018年の7月豪雨で甚大な被害を受けた際に、各方面から支援を受けたことを挙げ、

「当社の有する製造設備等を活用して、皆様のお役に立てる製品を提供することで、恩返しにつながればと考えたものです」

と開発の経緯を説明している。

希望小売価格は1200円(税別)。あくまで酒なので酒税385円が含まれている。同社によると、関係省庁の指導の下で出荷しているとのことだ。

ツイッター上では「飲めるし、手に吹き付ければ消毒にもなるのか…!」などと早くも同商品の"別の使い方"をひらめいた人が続出。また、中には「『押すなよ?絶対に押すなよ?』て言うアレですか?」と思わずダチョウ倶楽部のネタを連想してしまう人もいた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)