「21年間、有給消化なし」「給料が2ヶ月支払われない」ブラック企業エピソード

ブラック企業エピソード

ブラック企業エピソード

ブラック企業に苦しめられる人は後を絶たない。キャリコネニュース読者からは、こんな経験談がいくつも寄せられている。

「夜勤者が1人だからと言って、有給もとれない!『体調不良は社会人としておかしい』と言われる。体調不良やギックリ腰、急な発熱で休めば電話越しで、出勤した日は呼び出され文句の嵐。『休んですいませんと謝罪しろ』まで言われた!」(石川県/40代男性/技能工・設備・交通・運輸/年収350万円)

(文:コティマム)

※キャリコネニュースではブラック企業体験談を募集しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/HQI6E1OV

残業不払い&改ざんする運送会社「青天井で残業させられます」

大阪府の50代男性(素材・化学・医療品技術職/年収100万円未満)は、長年勤めた会社のブラックぶりを振り返る。

「21年勤めていたが、有給休暇は使ったことがなく、サービス残業。深夜手当はつかなかった。上司の言葉遣いの悪さ、長時間労働はあたりまえだった。上司に『人を募集してくれと』頼んだら怒られた」

大手運送会社で働く奈良県の50代男性(年収400万円)は、会社について「残業不払い、改ざんが多いです」と語る。

「残業時間をオーバーしたらすべて休憩時間にするやり方です。このやり方ですと青天井で残業させられます。過労死したドライバーもいますし、朦朧(もうろう)運転による事故も非常に多いです。闇があるように感じます」

給料未払いだが「泣き寝入りしている状況」

滋賀県の30代女性(素材・化学・医療品技術職/年収100万円未満)は、会社の給料未払いに悩んでいる。

「今現在2か月分の給料が支払われておらず、もう少しで3か月分になるところです。給料の話を持ち出すと店長は機嫌を悪くし、これからのシフトにも影響するので、みんななかなか言い出せず、オーナーとも接点がなく話すらできません」

給料の未払いは生活に直結することなので、本来なら強く主張したいところだ。しかし女性は、「今までも遅れながらもパート代がちょくちょく入る状況なので、最終は貰えると思っており、パート、バイトともに仲が良く辞めたくないという思いから行動に移せず、泣き寝入りしてる状況です」と胸の内を綴っている。

関連記事(外部サイト)