安藤優子のパワハラ要求に批判殺到 気温40度超、熱中症疑いのレポーターに「もう1回お返ししていいですか」

安藤優子のパワハラ要求に批判殺到 気温40度超、熱中症疑いのレポーターに「もう1回お返ししていいですか」

安藤優子のパワハラ要求に批判殺到 気温40度超、熱中症疑いのレポーターに「もう1回お返ししていいですか」の画像

8月19日放送の「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)における、安藤優子キャスターの振る舞いにネット上で批判が殺到している。

この日、気温40度超の京都・嵐山からレポートしていた女性ディレクターは、熱中症とみられる症状で言葉が出てこなくなり、レポートが続行不能に。これに対して、安藤キャスターは笑いながら「もう1回、お返ししていいですか」などと続行を求める場面があった。

気温40度超の現場レポート「かなり暑くて頭がふらふらしてきます」

問題になった中継が放送されたのは14時5分を回った頃だ。手元の温度計が40度1分を示すのを見せた女性ディレクターは「かなり暑くて頭がふらふらしてきます」などとレポート。序盤は特に変わりなく現場の様子を伝えていたが、徐々に言葉が出てこなくなり、

「あとはですね、え……なんだっけな。すみません、ちょっとですね、暑すぎて、頭がぼけっとしているんですね。ごめんなさい、お返ししておきますね」

これに安藤キャスターは、笑い声を上げながら「ええっ私返されたのね!?」と返答。隣では、お笑い芸人のカンニング竹山さんが「危ない危ない、やめといた方がいい」と言っていたが、ディレクターの名前を連呼した安藤キャスターは

「もう1回お返ししていいですか」

とレポートの続行を求めた。

倉田アナがフォローを入れるも、安藤キャスターは遮ってコメント

この対応に、ディレクターは「返しちゃいますよね、そうですよね……」と困った様子。だが、その後も「あのですね、えっと……ちょっと熱くて……1回……あの」とレポートにならなかった。

結局、最後は同じくメインキャスターを務める高橋克実さんが「休憩した方がいい」と助言。間髪入れずに、倉田大誠アナウンサーが「こちらで引き取ります」と言ったところで画面はスタジオに切り替わった。

倉田アナは「おそらく取材ももちろんされて」と心配そうにフォローを入れたが、安藤キャスターは笑いながらこれを遮り、「よく関西の方はキュウリ、持ってらっしゃる人いますよね?」と何事もなかったかのように話し出した。

ツイッター上では「勇気出してスタジオに返したのにまだ取材続けさせる安藤さん鬼畜すぎる」「安藤さんが中継出れば?」と一連のやり取りに不快感を露わにする人が続出。

はてなブックマークでも「本人はパワハラのつもりがなくても、側からみれば完全にパワハラとなる教科書に載せたい例。笑ってて完璧」と安藤キャスターの対応をパワハラの典型とするコメントがみられた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)