好きだった給食のメニュー、1位は「揚げパン」 2位「カレーライス」、3位「ソフト麺」

『好きだった給食のメニュー』1位は「揚げパン」 50代では「くじらの竜田揚げ」人気

記事まとめ

  • LINEが18日、「小中学校時代に好きだった給食のメニュー」に関する調査結果を発表
  • 1位は「揚げパン」で、以下「カレーライス」、「ソフト麺」、「鶏の唐揚げ」と続いた
  • 10〜20代では「フルーツポンチ」、50代には「くじらの竜田揚げ」が人気だった

好きだった給食のメニュー、1位は「揚げパン」 2位「カレーライス」、3位「ソフト麺」

好きだった給食のメニュー、1位は「揚げパン」 2位「カレーライス」、3位「ソフト麺」

好きだった給食のメニュー、1位は「揚げパン」 2位「カレーライス」、3位「ソフト麺」の画像

LINEは8月18日、「小中学校時代に好きだった給食のメニュー」に関する調査結果を発表した。調査は7月にネット上で実施し、15〜59歳の男女5252人から回答を得た。

学生時代に好きだった給食メニューをランキング化したところ、1位は「揚げパン」(30.5%)だった。

「ホッキカレー」などご当地メニューも

2位以降は「カレーライス」(29.9%)、「ソフト麺」(20.9%)、「鶏の唐揚げ」(16.0%)、「冷凍みかん」(15.7%)などと続いた。

年代別では、10〜20代、50代で「揚げパン」が1位に。30〜40代は「カレーライス」が1位だった。

30〜50代の3位には「ソフト麺」がランクイン。同社は「ミートソースやカレーソースなどさまざまな味があったことを懐かしく思い出す一品です。昭和の学校給食では人気だったが、現代の給食では姿を消しつつある様子」と紹介している。

このほか、10〜20代では「鶏のから揚げ」「フルーツポンチ」が人気。50代には「くじらの竜田揚げ」「コーヒー牛乳」が人気だった。

地域限定のご当地の給食メニューもいくつか寄せられている。北海道苫小牧市のソウルフード「ホッキカレー」や練馬大根を使った「練馬スパゲティ」、横浜の「サンマーメン」などが挙がった。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)