手取り14万円で「機械に仕事を奪われるのが怖い」と語る20代保険事務の女性

画像イメージ

画像イメージ

キャリコネニュースの「手取り20万円以下の人」をテーマにしたアンケートに、京都府で暮らす20代後半の女性(金融・保険系/正社員・職員)から切実な投稿が寄せられた。

女性は手取り月14万6000円で年収およそ300万円。転職経験があるようで、前職より勤務時間が減ったことや残業が年に約6時間とほとんどないことを挙げ、「手取り額が少ないことには理解できる」と書き出した。(文:okei)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

月5万円ほか貯蓄「実家暮らしだからできる事」

ただ、女性に不満がないわけではない。一般職である女性は、主任職と同じ仕事内容で同じ責任を持たされるのに「主任職の方が給与が多いのは正直納得していない」と漏らす。

現在は実家暮らしのため「給与全て好きに使えるのはありがたい」として、

「できるだけ貯金はしようと思い、 月5万円を銀行貯金、月1万5000円を積立NISAに、月1万5000円を年金型保険に割り当ててます。 またボーナスはほぼ貯金にまわしてます。 ただこれらは実家暮らしだからできる事です」

と実家の恩恵を語った。実は、女性の職場は家から片道2時間近くかかるため一人暮らしを考えたというが、会社からの家賃補助は最大7000円、「一人暮らしだと3000円程しか出ない」という。その結果、

「仮に一人暮らしをすると今している貯金以上に費用がかかるため、貯金ができなくなることに不安を感じ、一人暮らしに踏み込むことができません」

と現状維持の構えだ。

「自分は要らない人間になるのではないかと思い将来は不安です」

女性の不安はそれだけではない。手取りの少なさに加えて将来的に機械に仕事を奪われることを恐れている。

「会社も赤字が続いていること、機械による自動化の導入など人件費削減に取り組んでいるため、いつかは自分は要らない人間になるのではないかと思い将来は不安です」
「仕事は保険事務ですが会社独自のシステムを使うため、Word、Excel等はほぼ使わないし、私自身もほぼ使えません。会議でプレゼンするなんてことも無いため、人前で話す機会もほぼありません」

とスキル不足の不安を訴えた。最後に

「転職をしようと考えた際に、何も履歴書に書けるような事がないため、結局転職せず、ずるずる仕事を続けてます」

と、もどかしい思いを綴っていた。

関連記事(外部サイト)