「東京に来たら『俺はGMARCHだから』とマウントをとられた」と語る関関同立の男性

イメージ画像

画像はイメージ

学歴は良くも悪くも自分の過去をはっきりと表す。キャリコネニュースの学歴をテーマにしたアンケートには、自身の学歴に「不満がある」人からの回答が複数寄せられている。関西大学出身で20代前半の男性は、

「東京に来てみたら、『俺はGMARCHだから』とマウントをとられた。関東には関関同立を知らない人が一定数いることが分かり、東京の大学に進学すればよかったと思った」(東京都/公務員/正社員・職員/年収400万円)

と不満をこぼした。(文:okei)

※キャリコネニュースでは学歴をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/NPGZ8QF0

■ 「難易度の高い大学を卒業すると、facebook に書ける」

「関関同立」とは関西の難関私立大学である"関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学"の4つの大学をまとめた呼び名。一方の「GMARCH」は、都内を中心とした有名私立大学で "学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政"の6大学の頭文字からなる通称だ。

ほかにも大学の通称はさまざまあり、「日東駒専」(日本大学、東洋大学or東海大学、駒澤大学、専修大学)にあたる日本大学出身の50代男性は、こんな風に不満を綴っている。

「日東駒専レベルでは、やはり最後は努力より学歴に足を引っ張られる感じが強い。やはりGMARCH以上とは周囲の目に線が感じられる。今は資格も経験もあり、ある程度のレベルにはいられるが、学校名は言いたく無い」(東京都/IT・通信系/企画・マーケティング・経営・管理職/正社員/年収1000万円)

他方、大学に行かなかった後悔をもらす専門学校卒の30代女性は、こう書いていた。

「難易度の高い大学を卒業すると、facebook に書けるし、人に対しても堂々とそれを言える」(千葉県/その他/医療/派遣社員/年収150万円)

関連記事(外部サイト)