世帯年収600〜800万円の専業主婦家庭「地方だからギリギリ何とかなってる」「夫が朝から晩まで忙しいため共働きができない」

世帯年収600〜800万円の専業主婦家庭「地方だからギリギリ何とかなってる」「夫が朝から晩まで忙しいため共働きができない」

世帯年収600〜800万円の専業主婦家庭「地方だからギリギリ何とかなってる」「夫が朝から晩まで忙しいため共働きができない」の画像

キャリコネニュース読者からは「世帯年収1100万円でも専業主婦だと余裕はない。贅沢はできない」(東京都/40代男性)といった声がよく寄せられている。このご時勢、ある程度年収があっても専業主婦家庭は厳しいようだが、今回は、世帯年収600〜800万円の専業主婦家庭の生活感を紹介する。(文:林加奈)

夫の給料だけで生活する女性「今は満足しているが将来は不安」

子ども2人を持つ大阪府の30代女性は、夫が朝から晩まで忙しく働いているため、やむを得ず専業主婦をしている。「共働きは夢のよう。一馬力だからカツカツ」と育児のために共働きが難しい現状を嘆いている。

一方、埼玉県の30代女性は、夫の給料だけで生活している現状に「不自由はしていないし、満足しています」と語る。

「急な出費があっても貯金を崩さなくて済むし、その日暮らしということはない。ただ、子どもがまだ小さく、2人目ももうすぐ生まれるので将来への不安はある。子どもが希望する大学を、金銭的な理由から諦めさせることはしたくないし、奨学金などにも頼りたくない」

と現状への満足感を示しつつ、将来への不安も拭えないようだ。

「子どもは2人いて、外食は毎週。それ以外は節約している」

キャリコネニュースには「地方住まいだからかもしれないが、1馬力でギリギリ何とかなっている」(三重県/30代男性/流通・小売系)という声も寄せられた。では、都市部に住居を置く人はどうだろうか。大阪府在住で、妻が専業主婦の男性は

「余裕は少しだけあるが、切り詰めているところは多い。贅沢はできない。大都市近郊に一戸建てを持ち、輸入車を所有。子どもは2人いて、外食は毎週。それ以外は節約している。人付き合いにあまりお金をかけられないので、正直コロナのおかげで助かっている」(30代/教育・保育)

と語る。新型コロナウイルスの影響で外出の機会が減り、人付き合いも少なくなったことが、思いがけず節約につながったようだ。ほかにも、

「子どもの習い事は複数させているが、費用が安くなるように工夫している。例えば、スイミングスクールは月謝2500円の公営施設に通わせている」

と子どもの習い事費も意識して節約していることを明かしている。このように世帯年収600〜800万円の専業主婦家庭においては、将来の不安との葛藤や、ある程度の節約生活はつきもののようだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や【募集】仕事を即効で辞めた人に関するアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1000万超の暮らし「レクサスは現金で一括購入」
年収800万円でも"子ども部屋おじさん"の40代男性
年収300万円の50代独身女性の叫び「政治家は底辺の生活を知らない」

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)