世帯年収1200〜1400万円の生活「普段の外食は“餃子の王将”」「毎年ハワイに行っていたが、今年はコロナで無理」

世帯年収1200〜1400万円の生活「普段の外食は“餃子の王将”」「毎年ハワイに行っていたが、今年はコロナで無理」

世帯年収1200〜1400万円の生活「普段の外食は“餃子の王将”」「毎年ハワイに行っていたが、今年はコロナで無理」の画像

世帯年収1000万円を超えていても、多額の税金を引かれたり、補助金の対象から外されたりすることで、生活に余裕を感じていない人は一定数いる。だが、そうは言っても、世帯年収1000万円オーバーは羨望の目で見られることは多いだろう。都内に住む30代男性のキャリコネニュース読者からも、

「欲しいものは躊躇なく買えていて、貯蓄が減ったこともありません」

と優雅な暮らしを伺わせる声が寄せられている。今回は年収1200〜1400万円世帯の投稿を紹介する。(文:鹿賀大資)

「不満は時間がないこと。でも時間を買うためにある程度ならお金を使える」

同じく都内在住の40代既婚女性(金融・保険系)は、子ども2人を含む4人家族。世帯年収は1400万円だが、思うように時間を取れないことに不満を感じつつ「時間を買うために、ある程度ならお金を使える」と話す。

具体的には「家事代行を頼んだり、移動時に必要に応じてタクシーを利用したり」といったサービス利用を指しているようだ。

一方で「住居にお金をかけていないので暮らしには余裕があります」と語るのは、大分県の40代既婚女性。夫婦共働きで世帯年収1300万円、子どもは1人。気になる住居については「地方中核市の中心部で50平米未満の賃貸住宅です。職場に近いことを最優先に考えました」という。

「車が一人1台の地域ですが、最近まで1台で暮らしていました。それ以外にも新電力に切り替えたり、格安SIMを使ったりして固定費を抑えています。普段の買い物は、スーパーでは値段を気にしません。でも外食や取り寄せグルメ、旅行などは満喫できています。ふるさと納税・ポイントマイレージ・グルメアプリ・株主優待などをフル活用して」

子どもについては「教育費がかからないので、あまり貯蓄は考えていません」と明かす。また、一律10万円の特別定額給付金が支給された時には、新型コロナで打撃を受けた飲食業のために、高級食材や外食のテイクアウトに使ったという。

それでも「なかなか一人10万円は使いきれていません」と綴っている。

このほか、

「子どもは1人、車は今年で9年目です。普段の外食は餃子の王将など、もっぱらそこらのラーメン屋。衣服はアウトレットモールでナイキやアディダスで、それ以外はGUとかです。ユニクロは、もはや高い部類。毎年ハワイに行っていましたが、今年はコロナで無理でしょう」(40代既婚男性/埼玉県/IT・通信系/世帯年収1300万円)

といった声もみられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や「お酒の失敗エピソード」などのアンケートを実施しています。

-----

【あわせて読みたい】
「妻が専業主婦になったのが痛い」世帯年収600〜800万円の男性陣
世帯年収600〜800万円のリアル「固定資産税の延滞金がサラ金より恐ろしかった」

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×