世帯年収1000〜1200万円の30代女性「2000万円の住宅ローンを35年で組みました。毎月の返済額は5万6000円です」

世帯年収1000〜1200万円の30代女性「2000万円の住宅ローンを35年で組みました。毎月の返済額は5万6000円です」

世帯年収1000〜1200万円の30代女性「2000万円の住宅ローンを35年で組みました。毎月の返済額は5万6000円です」の画像

昨今は年収1000万円クラスの人でも「生活はキツイ」という傾向にある。そうしたなか「暮らしには余裕があります」と語るのは、世帯年収1000万円超えの30代既婚女性。キャリコネニュースに、

「夫婦共働きで、小学生の子どもが1人います。手取りの月収は夫婦合わせて50万円くらい。父親が所有する郊外の土地に自分たちで一戸建てを購入し、家族3人で暮らしています。郊外かつ父親名義の土地なので、家のローンは負担にならない額です」(埼玉県/サービス系)

という声を寄せている。今回はこの女性の投稿を中心に、世帯年収1000〜1200万円の人たちの声を紹介する。(文:鹿賀大資)

「国産ハイブリット車を通勤用に1台所有」

女性は住宅購入の詳細について「総額2000万円の35年ローンを組みました。毎月の返済額は5万6000円です」と明かす。郊外とはいえ、土地代が浮いたのは大きい。また年収に対してゆとりのある金額の住宅ローンを組んだことも、現在の余裕につながっているだろう。女性は「お金に関しては何も不自由していません」と続ける。

「国産のハイブリット車を通勤用に1台所有。通勤距離があるので7〜9年で買い替えています。国内旅行は車で行ける範囲かつ予算3〜4万円、それを年2回くらい。海外旅行は50万円以内に収める感じで、年1回のペースです。ほかに月1〜2回、娯楽費として2〜3万円。映画やゲームセンターで楽しんだり、都心部へ遊びに行ったりなど」

外食の頻度は週1回、休日にファミレスやフードコートに行くという。共働きのため平日は「惣菜を購入して帰宅することが多いです」と付け加える。そのほか、

「通信費は月2万5000円、私たち夫婦と父親のインターネット代も含めて。洋服は夫婦のものはほとんど買いませんが、子どもの分は月1万円くらいかけます。あと子どもの学童が月1万5000円で、習い事が月2万円です。2か所の英会話教室に通わせています。子ども次第ですが、私立中学校に通わせたり、大学で1人暮らしをさせたりする余裕はあります。私たちが老後も贅沢しない限りは」

「貯金は現時点で2000万円くらい」

お金に不自由のない暮らしをしたうえで「毎年200万円以上は貯蓄に回せています」というのだから、女性が「余裕」というのも頷ける。ただ、夫婦共働きでお互いに帰宅が遅くなることから「子どもにかける時間が少ないのが悩みです」ともコメントしている。

また、ほかの世帯年収1000〜1200万円の人たちからは、

「余裕はあるが、普通の暮らし。老後資金が毎年300〜350万円ずつ増える程度」(50代男性/愛知県/個人事業主)
「4人家族で、子どもは私立大学と中学校に通っている。家のローンは年間200万円程度、旅行は年に数回のペース。貯金は現時点で2000万円くらい」(50代男性/愛知県/流通・小売系)
「道内でも地方に住んでいる。居住費を含め生活費が安い土地環境での世帯年収1000万超のため、欲しいものは何でも買える。子どもの教育も自由にさせてあげられるし、欲しがるものもすべて叶えられる。でも私の物欲は薄くなりつつあるようだ」(40代男性/北海道)

という声が寄せられている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や「コロナ第3波到来でもテレワークにならない人」などのアンケートを実施しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1000万超の暮らし「レクサスは現金で一括購入」
年収800万円でも“子ども部屋おじさん”の40代男性
年収300万円の50代独身女性の叫び「政治家は底辺の生活を知らない」

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)