新型コロナで給与カットした企業が1割 「その後業績が予想以上に回復したので払い戻した」という会社も

新型コロナで給与カットした企業が1割 「その後業績が予想以上に回復したので払い戻した」という会社も

新型コロナで給与カットした企業が1割 「その後業績が予想以上に回復したので払い戻した」という会社もの画像

エンワールド・ジャパンは12月28日、「新型コロナウイルス禍での給与・賞与の変化」に関する調査結果を発表した。調査は2020年11月にネット上で実施し、269社(外資系:64%、日系:36%)から回答を得た。

新型コロナの影響で、従業員の給与カットを行った企業は10%。さらに、全社員を対象とした会社は5%だった。

「賞与カット」を実施した企業は11%

給与カットを行った企業にどれぐらいカットしたか聞くと、最多は「1〜10%」(54%)だった。以降は「11〜20%」(33%)、「21〜30%」(8%)などと続く。回答者からは「全世界レベルでの昇給停止」(外資系企業/製造業・工業・自動車)などと厳しい声が寄せられた。

一方で、

「給与カットを実施したが、その後業績が予想以上に回復したので払い戻した」(外資系企業/医療・製薬・ライフサイエンス)
「新型コロナウイルスによる心理的不安を軽減・除去するために、給与の上積みを検討中」(日系企業/製造業・工業・自動車)

などと前向きな声もみられる。

新型コロナの影響で賞与カットを行った企業は11%。「これから行う予定」を合わせると2割弱だった。カット幅については、最多が「11〜30%」(19%)だった。ただ、

「特定の評価の社員を除く社員全員の賞与をカット」(外資系企業/IT・通信)

といった声が寄せられていた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×