"解散"じゃなかった? レペゼン地球の新プロジェクトが1000万回再生突破

"解散"じゃなかった? レペゼン地球の新プロジェクトが1000万回再生突破

"解散"じゃなかった? レペゼン地球の新プロジェクトが1000万回再生突破の画像

昨年12月に開催したPayPayドームでのライブをもって解散したことになっていたDJ集団「レペゼン地球」が1月1日、新プロジェクト「Candy Foxx」として再始動した。同日YouTubeに投稿した「1st Single 【GOSHI GOSHI】」は6日、1000万回再生を突破した。

コメント欄には「チャンネルみてこんなの登録したっけ?ってなった」という書き込みも見られるが、「5日で1000万いきそうなのやば。これが海外進出の力か」「訳分からんけど軽く1000万回再生いってて恐怖すら感じてる」といった声も寄せられている。

解散前にはクラウドファンディングで2億円を集めていたが……

DJ社長はツイッターで「目標は世界一のエンターテイメント」になることを目指すと宣言。YouTubeチャンネルやメンバーのツイッターをCandy Foxx仕様に変更した。メンバーの顔ぶれは変わっていないと思われる。DJ社長は「DJ Shacho」とし、英語でツイッター投稿した。

レペゼン地球のトラックメーカーであるチバニャンは2日、ツイッターで「新プロジェクト、Candy Foxxがスタートしました。このプロジェクトではよりノンバーバルで脱ガラパゴス化した面白さを曲で追求出来ればと思っています」とコメントしている。今後は海外を目指す、ということのようだ。

なお、YouTuberのヒカキンさん・セイキンさんが12月24日に投稿した新曲「光」は7日現在1213万回再生。「GOSHI GOSHI」(同日1056万回再生)はそれに迫る勢いといえそうだ。

レペゼン地球は解散前、最終公演のためにクラウドファンディングで2億円を集めていた。結局、解散ではなくリニューアルという形になったが、お金を出した支援者の中には複雑な思いを抱く人もいそうではある。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)