「江戸時代の年貢とさして変わらない」年収1000万円の男性、高い税率に怒り

「江戸時代の年貢とさして変わらない」年収1000万円の男性、高い税率に怒り

「江戸時代の年貢とさして変わらない」年収1000万円の男性、高い税率に怒りの画像

稼げば稼ぐほどに高くなっていく税金に不満を抱く人は多い。キャリコネニュース読者からは、

「税金ばかり取られて恩恵がない。朝早くから夜遅くまで働き、日曜日すら休めない時がある」(愛媛県/40代男性/不動産/正社員/年収1100万円台)
「納税するために働いているようなものです。江戸時代の年貢とさして変わらないような感じ」(長崎県/50代男性/サービス系/正社員/年収1000万円台)

という声が寄せられている。年収1000万円以上を稼いでいても税金が高いため、余裕を感じることはできないようだ。(文:コティマム)

「リスクなく楽して高収入を得ているわけではない」

年収1000万円台の人たちからは、「税金が高すぎる」という嘆きの声が多く上がっている。

「働いても税金が増えるだけで、暮らしは楽になりません。低収入の人よりも必死に働いている年収1000万円の人は、とても多いのではないでしょうか」(大阪府/30代男性/メーカー系/正社員/年収1000万円台)
「年収1300万円でもあれこれ引かれて手取りは900万円にも満たない。税金高すぎ!800〜1500万円ゾーンが一番損なイメージ。年収2000万円以上ないと、とても手取りで高給取りとは言えない」(大阪府/50代男性/専門コンサル/正社員/年収1300万円台)

必死に働いて稼いでも、3割ほどは税金として給料天引きされるため、男性は「損をしている」と感じているようだ。また「2000万円以上ないと高級取りとは言えない」とコメントしているが、年収2000万円台の人はどう感じているのだろうか。

大阪府の40代男性は個人事業主。年収は2200万円だ。「税金を軽減してほしい」と考えているのは他の人と同じようで、

「事業の借金や老後のための貯金などは、税金を引かれた手取りから。せめて年間の借金返済額くらいは経費と認めてもらいたい。リスクなく楽して高収入を得ているわけではない」

と主張。年収2000万円以上を稼いでいても、事業を行うにはさまざまな経費もかかる。残った利益からごっそりと税金で持っていかれることに、不満を感じているようだ。

「児童手当や学校の補助金が受けられない」

所得制限によって児童手当などの恩恵が受けられず、憤る人も多い。

「税金で引かれる額が多すぎるのに、児童手当や学校の補助金が受けられない」(東京都/40代男性/サービス/正社員/年収900万円台)

児童手当や子どもの医療費助成、高校無償化など、税金による恩恵はいくつかある。しかし高所得者の場合は所得制限がかかり、受給額の減額や支給対象外になってしまうことも。「多くの税金を納めているのに、必要な支援を受けられない」となれば、不満に感じてしまうのも仕方がないかもしれない。

※キャリコネニュースでは引き続き「税金が高くて怒っている人」や「お酒の失敗エピソード」などのアンケートを実施しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)