年収1800万円、早稲田卒の男性「高学歴と言えるのは海外有名校のMBAあたりから」

早稲田画像

早稲田卒の男性たちが語る…

キャリコネニュースの「学歴」をテーマにしたアンケートの回答に、年収を2000万円近く稼ぐ読者からの意見が2つ届いた。神奈川県の60代男性は、

「MBA(経営学修士)を持っていることは外資系のリーダーシップロールに就く際はプラスと言うか、本社の上層部も大抵持っているので無いと若干マイナスかも知れません」(メーカー系、電気・電子・機械系/事務・管理/正社員・職員/年収1900万円)

と外資系の実際を語る。(文:okei)

※キャリコネニュースでは学歴をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/K0DQY3O9

■ 努力せず学歴が低いだけの人の「"学歴否定"に耳を貸す価値はない」

男性は早稲田の政治経済学部から筑波大学大学院に進み経営システム科学専攻したという。自身の学歴に関して「世界的には知名度が低い日本の大学、大学院なので特に満足も不満もない」と淡々と綴っていた。

また東京都在住で同じく早大卒の40代男性は、金融・保険系の企業で働く正社員(企画・マーケティング・経営・管理職)、年収は1800万円だという。学歴は「必要」とした上で、

「本来大事なのは仕事ができるか、会社の業績に貢献できるかどうか。それを測る指標がない状況においては、力を推測する目安程度にはなりうる。学風から動きの癖も少し想像できる」

と持論を語る。「学風」が知られている有名大学が前提となっているようだ。なお、

「ただし、学歴は仕事ができる保証にはならないので、そこに注意して運用する必要はある」
「また、努力せず学歴が低いだけの人が自身を優遇してもらえるようにするためのカードとしての"学歴否定"に耳を貸す価値はない」

と厳しい意見も付け加えた。男性は早稲田の学卒だが、自身の学歴には「不満」と答え、「海外有名校のMBAあたりからが高学歴と考える」と綴る。両者の回答からは、学歴レベルに対する認識が高いことがうかがえた。

関連記事(外部サイト)