手取り12万円の30代独身女性「年収が低いと女性も結婚相手にならないと思うと絶望」

画像はイメージ

キャリコネニュースでは手取り20万円以下の読者からの投稿を募っているが、なかでも多く見られるのは「実家を出られない」という声だ。

手取り12万円で実家暮らしをしている30代前半の女性(広島県/サービス系/契約社員/未婚)は、

「とても1人暮らしをできるような収入ではありません。給料の半分以上を貯金にまわしていますが、お金が貯まっているという実感もなく、趣味だった旅行も行くのを泣く泣くやめました」

と嘆く。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「最近は女性も年収が低いと結婚相手にもならない」

また、近年では共働き家庭が当たり前になってきたためか、女性は

「『最近は女性も年収が低いと結婚相手にもならない』と思うと、もう人生に絶望しています」

とこぼす。さらに、

「職種にもよるのでしょうが、地方では手取り20万円(の仕事)は少なく、それもあって都会へ行く方も多いということを国の偉い人にも知ってほしいです」

と付け加えた。地方暮らしの彼女にとって、手取り20万円は相当な高待遇のようだ。

「長男ということもあって最初は期待されていたが」

手取り18万円、年収およそ300万円で働く20代後半の男性(大阪府/正社員/未婚)も、実家暮らしをしている。男性は現在の仕事について、

「介護業界関連の商品を扱う営業アシスタントとして働かせてもらっています。もともと人見知りな性格もあり、裏方の仕事のほうが自分には合ってると思ったので現在の仕事内容には不満はありませんが、給与面のこと、将来の蓄え、今後の働き方や会社が存続しているかが心配です。まだ賞与があるだけマシと思ってますが」

と綴った。ちなみに賞与は年間で2か月分だという。

「正直、家族からは長男ということもあって最初は期待されていたかもしれませんが、今となっては、結婚はまったく選択肢として考えられないです」

せめて実家を出て1人暮らしをしていけるくらい、日本全体の給与水準が上がっていくといいのだが。

関連記事(外部サイト)