年収1200万円の30代男性、国会議員に怒り「汗水たらしたお金が私腹を肥やす政治屋に入ると思うと許せない」

年収1200万円の30代男性、国会議員に怒り「汗水たらしたお金が私腹を肥やす政治屋に入ると思うと許せない」

年収1200万円の30代男性、国会議員に怒り「汗水たらしたお金が私腹を肥やす政治屋に入ると思うと許せない」の画像

毎月の給与明細を見るたび、社会保険料や税金を多く差し引かれていることに不満を覚えている人は多いのではないだろうか。自分たちが必死で働いて得られた給料なのに、多額の税金を控除されてしまうのだから、怒りたくなるのも当然だ。

今回はある30代男性キャリコネニュース読者の声を紹介する。男性は過去に年収300万円台の時があったが、今は1200万円。4倍の収入を得るようになった。その生活ぶりの変化と、高い税金に対する怒りを感じている。(文:林加奈)

「『年金の支払いは国民の義務』と言われた。いつからそうなったのか」

年収が4倍に跳ね上がったことで暮らしぶりはどのように変化したのだろうか。

「来月の支払いに困るようなことこそなくなりましたが、外食も月に1〜2回程度のファミレスでそこまで行く方ではないし、車も買い替えていません。なのに所得税も住民税も高く、早めに終わらせたかったローンも今までとは変わらない状況。子ども達の進学に向けて貯金したいのに……。年収が上がっても生活水準はそこまで変わりません」

年収が1200万円あっても車の買い替えも難しく、外食もほとんどしない生活が強いられている。年収300万円台の時に思い描いていた生活ではないことは確かだろう。同様に、別の年収1200万円の60代男性も「税金が高すぎて年収600万円くらいの感覚でしかない」(愛知県)と落胆している。高い年収に見合った生活ができておらず、そのギャップに苦しむ人は多いのかもしれない。

家族サービスができない状態で働いているのに……

そして「家族サービスがほとんどできない状態になるまで必死に働いているのに、黙って税金という名目で金を吸い上げるのはどうなんですかね?」と、今の政治についても不信感をあらわにしている。

「国会議員の給料を半分にして、全議席も半分にして、汚職も一切ない政府ならまだ信用もできますが、自分たちの私腹を肥やす政治屋たちに汗水たらしたお金を吸い取られると思うと、許せない気持ちになります」

続けて、「国民から吸い取る方法ばかり模索するなら、まず自分たちの給与体系や汚職等の見直しをしてから物申していただきたい。そろそろ議員たちの考えを改める時期に来ていると思います」と憤る。

政治に対する怒りの声は他にも多数寄せられている。この男性のように安くない税金を払っているからには、国民が納得のいく税金の使い方をしてほしいと願う人はとても多いようだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「税金が高くて怒っている人」や「お酒の失敗エピソード」などのアンケートを実施しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収500万円の男性、税金に怒り「毎月9万円近く引かれる」
世帯年収1800万の夫婦「ランチ代は500円。たまの贅沢は予算3万円で外食。税金が高く国の補助もないから生活は質素」

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)