手取り17.5万円の30代女性「物価が高騰しても給与が上がるわけではない。外食や旅行に罪悪感」

イメージ画像

画像はイメージ

子育てにはお金がかかるため、経済的な事情から子どもを諦める人がいる。手取り17万5000円・年収およそ250万円の30代後半女性(埼玉県/サービス系/正社員/既婚/子ども1人)は、

「子どもをもう1人希望しているが、生活がまわる自信がないため持てない」

とキャリコネニュースに投稿を寄せた。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「お金がかかるから自分が医者にかかるのは我慢してしまう」

女性の現在の暮らしは、「贅沢をしなければ借金なく暮らせるギリギリライン」だという。

「ガソリンや物価が高騰しても、給与が上がるわけではない。給与は増えないのに、減っていくお金が多い。税金や手数料が高い。お金がかかるから自分が医者にかかるのは我慢してしまう。年金を払い続けても、将来安心して暮らせるだけもらえる確証がない。外食や旅行を罪悪感なく楽しむことができない。子どもの将来や自分たちの老後のために貯蓄したいが、余裕がない」

“ないないづくし”で悲しくなってしまうが、このような悩みを抱える人はほかにもいる。メーカー系の会社で働く、別の30代前半の女性(青森県/契約社員/既婚)も、

「マイホームのローンを抱え、これからの出産や育児のことを考えると金銭的に1人育てるのが限界だと思う」

とこぼした。女性は手取り11万6000円で、子どもはまだいない。手取りが少ないために独身の頃も大変な思いをしていたらしく、

「1人暮らししていたときは支払いと生活費に全部消え、小遣いに充てるお金もなく、遊びや趣味も我慢していたうえ、貯金もできずカツカツな暮らしだった」

と振り返った。女性は「結婚して世帯収入は増えた」というが、生活状況が大きく改善されたわけではないようだ。

関連記事(外部サイト)