世帯年収400〜600万円のリアル「朝から晩まで働いて、休みは疲れて寝ているだけ」「お金より残業のない生活がほしい」

世帯年収400〜600万円のリアル「朝から晩まで働いて、休みは疲れて寝ているだけ」「お金より残業のない生活がほしい」

世帯年収400〜600万円のリアル「朝から晩まで働いて、休みは疲れて寝ているだけ」「お金より残業のない生活がほしい」の画像

働いて収入を得ることは、本当に大変なことだ。世帯年収400〜600万円といえば、ごく一般的な収入のイメージだが、それでも身を削る思いで働く人はいる。群馬県の40代前半男性は、不動産・建設系の個人事業主。事業で得た年収450万円を使い、独身生活を送っているが、

「朝から晩まで働いて、休みはほとんどない。その休みは疲れて寝ているだけの生活。ただ生きているだけの人生です」

と日常を告白。目的もなく働き詰めの毎日では、男性のようにつらくなってしまうだろう。ほかにも、キャリコネニュース読者から寄せられた「世帯年収400〜600万円の仕事事情」を紹介する。(文:大渕ともみ)

「社会保険に入れていない。今後や老後の生活を考えると安心できない」

岩手県の30代後半男性は、流通・小売系業界の契約社員として働いている。妻と子どもがおり、年収は450万円だが「実家にいるため、今の生活には困らない」と語る。一方で、

「非正規雇用のため、ボーナスがない。将来に対しては不安が多い」

と悩みも吐露。将来の不安を払拭するべく、転職活動をしているものの「コロナ禍の状況で、さらには地方住まい。自分が満足し、スキルアップしていける求人がないのが現実」と、思い通りにはいかないようだ。男性は「どうするべきか気持ちが落ち込んでいる毎日」と苦しい心境を打ち明けている。

同じく、契約社員として働く都内の30代前半女性(未婚/年収550万円)も

「非正規雇用の仕事を掛け持ちしている。生活に困ることはないが、社会保険に入れていない。今後や老後の生活を考えると、まったく安心できない」

と胸中を明かす。女性は将来に備え「貯金のほかにiDeCo加入も検討している」と説明。しかし「現状、洋服や旅行など少しは贅沢ができているが、そうするとあまり余裕がなくなる」とジレンマを抱えているようだ。

「手取りは月20万円ほど減ったが、人間らしい生活ができるようになった」

激務や雇用形態に悩みを持つ人がいる一方で、コロナ禍の影響から「残業がなくなった。人間らしい生活ができるようになりハッピー」と喜ぶ人もいる。兵庫県に住む40代前半の独身女性だ。女性はサービス業の正社員として働いている。

「コロナ禍なので実家に戻った。給料の手取りは月20万円ほど減ったが、生活はまったく苦しくない。もうお金はいらないから、残業のない働き方をしたい」

ちなみに女性の現在の年収は600万円ほど。独り身かつ実家暮らしであれば、十分にゆとりのある生活ができる金額だろう。同じ世帯年収400〜600万円でも、仕事の労働時間や待遇によって生活の満足度は大きく変わるようだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や「テレワークで快適なこと・つらいこと」などのアンケートを実施しています。

-----

【あわせて読みたい】
「妻が専業主婦になったのが痛い」世帯年収600〜800万円の男性陣
世帯年収600〜800万円のリアル「固定資産税の延滞金がサラ金より恐ろしかった」

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)