世帯年収600〜800万円で夫婦2人暮らしの生活感「小遣いは夫が6万円。支出を抑えて年間130万円貯金してる」

世帯年収600〜800万円で夫婦2人暮らしの生活感「小遣いは夫が6万円。支出を抑えて年間130万円貯金してる」

世帯年収600〜800万円で夫婦2人暮らしの生活感「小遣いは夫が6万円。支出を抑えて年間130万円貯金してる」の画像

1馬力なら難しくても2馬力なら世帯年収600〜800万円に入る、という家庭は多い。そのためか、キャリコネニュースに寄せられた投稿でも、この年収帯が一つのボリュームゾーンになっている。

その中でも今回は、夫婦2人暮らし世帯に注目したい。あえて子どもをつくらないDINKsをはじめ、いずれは子どもが欲しいという読者からもさまざまな声が寄せられている。

群馬県に住む20代女性の世帯年収は710万円。夫は年収640万円、妻は年収70万円で、普段の生活に「余裕あり」と断言する。

「毎月の支出を抑えれば年130万円は貯金できる。小遣いは夫が6万円、妻はバイト代すべて。外食や行楽はそれぞれの小遣いから出す。年1回は奮発した旅行ができ、年始にはそれぞれの実家に帰省できる。夫もまだまだ昇給しそうなので今のところ不満はない」

他の「世帯年収600〜800万円・夫婦2人暮らし世帯」のライフスタイルも見ていこう。(文:林加奈)

「そこそこの余裕はある」とするも「子どもは1人だけかな」

夫婦2人暮らしの回答は余裕があるとするものが目立った。

「子どもがいないし田舎暮らしなので、そこそこ余裕はある」(静岡県/40代男性/サービス系)
「夫婦2人で持ち家なので、特に足りないという感じはしない」(三重県/60代男性/専門コンサル系)
「平日は慎ましく節約し、土日は外食できるので満足。将来のために年間200万円貯金している」(神奈川県/30代男性/教育・保育)

神奈川県の20代女性は「まだ賃貸で子供がいないため、支出が多いわけではなく余裕がある」(不動産・建設系)と語る。住宅ローンや教育費が、余裕の有無を左右するのかもしれない。

一方で、「夫婦2人暮らしでも余裕がない」という声もある。神奈川県で公務員をする世帯年収750万円の20代男性からは、

「固定費の見直し・iDeCo・ふるさと納税・資産運用で、総資産1500万円程度。これから土地・家を購入する時や、子どもができた時がとても不安。今は余裕があるが、今後が本当に不安。家も子どももある程度は諦めなければならないかもしれない」

という声が寄せられている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や「テレワークで快適なこと・つらいこと」などのアンケートを実施しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収400〜600万円の実情「昼食はカップ麺。毎月カツカツ」
年収350万円のアラフォー女性「職場で若手とユニクロ服が丸かぶり。『その年で安物しか着れない』とショックを受けてた」

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×