パチンコ「ヒットする版権は大体暴走形態がある!」という説は正しいのか

パチンコ画像

画像はイメージ

6月に入った。先月はパチンコ記事を何本も書いたけれど、肝心のパチンコホールには2回しか出向いていなかった。理由はいくつかあるが、もっとも大きいのは仕事がやや忙しく、貧乏暇なし状態の日々が続くうちに、自然と足が遠のいたためである。

もっとも、これまでにもこういうことが何度もあった。時には3年ほどブランクが空くこともあったが、そのままパチンコと縁がなくなる……なんてことはない。自分のことは自分が良く分かる。何故ならわたくしはパチンコ依存症。

なので今回も、パチンコ談義と洒落込みたい。今日の内容も大変IQの低い話題になっているので、心してご覧いただければ。(文:松本ミゾレ)

■ 『エヴァ』『ひぐらし』『牙狼』……

先日、5ちゃんねるに「【朗報】ヒットする版権、だいたい暴走形態がある模様」なるスレッドが立っていた。これのどこが朗報なのか一つも分からないが、スレ主はその例として『エヴァンゲリオン』、『牙狼』、『Re:ゼロから始める異世界生活』、『ひぐらしのなく頃に』を挙げている。これら版権はパチンコ化してホールに導入されている代名詞みたいなものである。

そしてそれぞれに、暴走モードというか、原作でも印象的な狂乱状態みたいなものが描かれるシーンがある。そのシーンをパチンコの大当たりであるとか、激熱演出に絡めているのが上記版権なので、スレ主は「ヒットするには暴走が必須」と思い込んでいるようだ。ほんと、パチンコファンってどうでもいいことをさも世紀の大発見みたいな感じでひけらかす。

そんなスレ主の主張であるが、パチンコユーザーは深く考えない人が多いので、意外にも賛同の声が多数となっている。

「ガンダムは暴走(覚醒)状態のある『ユニコーン』以外全て、完璧にコケてるからね」
「さらにこの法則を裏付けるかのように暴走形態のない『ボトムズ』や『ろくでなしブルース』は全力でコケてる」
「この法則怖い…全部当たってる」

と、「ああ、ちゃんと勉強しないとこういう感じになっちゃうんだな」と心配になる書き込みは、スレッドの勢いに反比例して存外に多い。そもそも『ひぐらし』はヒットしてないんだけど、スレ主含め、そういうことはあんまり気にならない人も多いようだ。

でも、パチンコファンってオカルトが好きなので、こういうこじつけが得意はなもの。だからまあ、気持ちが分からないわけでもない。

「末尾7番台の機種はフィーバーしそう」みたいなノリで「暴走がある台はヒットするんだよ」って思っちゃってて、そこに明確なエビデンスも一次情報もなくても、本人はそう確信しているのだ。

■ 『海物語』は?

元も子もない話をすると、暴走モードに該当する演出なんかなくても、ちゃんとヒットしている機種は多い。多くのパチンコファンを魅了する三洋の『海物語』シリーズには、暴走する要素がないのに、ちゃんと支持されている。

偶数月の15日ともなると、全国のパチンコホールに何故か年金受給者ぐらいの年代のユーザーが大波のように海コーナーに押し寄せるのがその証左。スレッドには「魚群はある意味暴走」など訳の分からない言い分が書き込まれていたが、暴走モードが搭載されていなくたって、ちゃんとヒットしているわけで。

他にも少し前には『P大工の源さん 超韋駄天』という機種がホールを席捲したが、あれもいわゆる暴走モードらしいシステムはない。従来の源さんシリーズと比べると演出が暴走しているきらいはあるけども、そこが出玉に直結しているわけではない。

それに言っちゃあなんだけど、ニューギンの『CR真・怪獣王ゴジラ』なんて、東宝の看板キャラであるゴジラを起用し、なおかつ「覚醒」だの「暴走」だの、景気の良いワードが実際の出玉期待度の高い演出に組み込まれていた、

しかしホールでの評価と来たら非常に低かったわけで、恐らく『エヴァ』とか打ってる層には見向きもされなかったはず。

……そもそも今のパチンコファンなんて、大量導入された機種かヒットした機種しか打ってない人ばっかりじゃないか。
その中で暴走モードめいたものがある機種をたまたま記憶しているだけで、世の中には不遇の不人気台なのに、ちゃんと暴走を謳う要素のある機種は決して少なくはないってことを伝えたいが、伝えたところで馬鹿にされるんだろうな。
「そんな台知らねえよ」と。

関連記事(外部サイト)