失言の連鎖に「炎上聖火リレー」の声も 二階氏の五輪ボランティア辞退は「瞬間的」、経団連会長の「SNSは怖い」に反発相次ぐ

失言の連鎖に「炎上聖火リレー」の声も 二階氏の五輪ボランティア辞退は「瞬間的」、経団連会長の「SNSは怖い」に反発相次ぐ

失言の連鎖に「炎上聖火リレー」の声も 二階氏の五輪ボランティア辞退は「瞬間的」、経団連会長の「SNSは怖い」に反発相次ぐの画像

日本の政治中枢と経済界のトップが漏らした"本音"に、炎上の連鎖が起きている。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言を受け、オリンピックの大会ボランティアは約390人が辞退した。朝日新聞の記事によると、これについて自民党の二階俊博幹事長は8日の記者会見で、次のように語った。

「瞬間的に『引かせていただきたい』とか『協力できない』とかおっしゃったと思うが、 また落ち着いて静かになったらその人たちの考えも変わるでしょう」
「どうしてもお辞めになりたいということなら、新たなボランティアを募集せざるを得ない」

森会長の進退については「撤回をもう既にされたことで、問題はない」として、辞任の必要はないとの認識を示している。この発言に"ボランティアが辞退した真意を軽んじている"と捉える人が相次ぎ、さらに批判が殺到。「二階氏発言」などツイッターでトレンド入りする事態となった。(文:okei)

「ボランティアなんていくら欠けても影響ないぐらい小さな歯車の一部ってことだよね」

9日放送の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)では、辞退したボランティアの女性が二階幹事長の発言に対して、「逆にもっと気持ちが離れた」と話していた。コメンテーターのロバート・キャンベル氏も「(辞めたボランティアの人を)バカにしている」などと強い言葉で二階氏を批判している。

はてなブックマークでは報道に300近くコメントがつき、

「こんなん言われてるよ。ボランティア予定の人たち、そろそろ目を覚まそうぜ。敬意も何もなく、無料で使える労働力としか見てないんだよ、こいつらは」
「ボランティアなんていくら欠けても影響ないぐらい小さな歯車の一部ってことだよね」

といった批判や怒りの声が次々にあがった。女性蔑視発言の本質を理解していないとみられる言葉や、「ボランティア人材はいくらでも替えがきく」とも取れる発言に、憤る人が相次いだ。

「SNSっていうのは恐ろしいですね。炎上しますから」で、さらに炎上

また、経団連の中西宏明会長の発言も、連鎖的に物議を醸している。中西会長は同日の記者会見で、森会長の発言について「コメントは控えたい」としながらも、

「日本社会にはそういう本音があるような気がする。それがぱっと出てしまったかもしれない」
「こういうのをわっと取り上げるSNSっていうのは恐ろしいですね。炎上しますから」

などとコメント。こちらにも、次のように多くの批判が寄せられた。

「森氏が降ろされないことが恐ろしいよ私は」
「経済界のトップがこんな時代錯誤だから日本経済が衰退したんだと物凄く納得がいく発言でもある」
「『本音』って言い切っちゃったよ。本当になんにもわかってないんだな。日本のトップの人たちは」

批判の連鎖が止まらない様子を、「なんか聖火リレー始まってる」「炎上リレー」などと揶揄する声まで出る始末だ。

ただ、中西会長は、日本社会はついつい男女でわけて考えてしまいがちで、「私自身そのような考えがないかといえばそうじゃないだろう」と認め、「女性や男性を前提に発言したり考えたりする時代ではない。ダイバーシティー(多様性)を意識した組織運営や人事をやっていくべきだ」とも述べている。森会長や二階幹事長よりは問題を認識しているとみられるコメントで、「自覚があるのは大切。そんな考え持ってないと答える人より理解をしてると思う」と若干擁護する声もあった。

橋本聖子五輪相は9日の衆院予算委で、二階幹事長の「辞めたいなら新たに募集する」とした発言は「不適切だった」との認識を示した。新たなボランティア募集に、応募者は集まるだろうか。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)