世帯年収1000万円超の共働き家庭「国産車4台所有」「夫婦で年収500万円ずつで独身時より余裕」

世帯年収1000万円超の共働き家庭「国産車4台所有」「夫婦で年収500万円ずつで独身時より余裕」

世帯年収1000万円超の共働き家庭「国産車4台所有」「夫婦で年収500万円ずつで独身時より余裕」の画像

ダブルインカムで世帯年収1000万円以上──。そんなパワーカップルの生活感や金銭感覚が気になる人は多いのではないだろうか。キャリコネニュースには、「夫婦2馬力で世帯年収1000〜1200万円」の人からの声も多く寄せられている。新潟県の30代男性は流通・小売系の企業に勤務しており、

「私も妻も年収が500万円ずつで、独身の頃よりはやや余裕がある。子どもは1人。車必須の地域ではあるが、車検代・タイヤ代・自動車保険料などは、さほど気にせずに暮らせるので安心。コンビニで金額を気にせずに買い物もできる」

とコメント。独身時代は「車を維持するのが大変だった」とも付け加えている。他の声も見ていこう。(文:鹿賀大資)

「車の現金一括払いができるくらい」

「夫婦共働きで世帯年収1000万円超え」と語るのは、メーカーに勤務する福島県の40代女性。国産車4台とバイク1台を所有しており、「車は現金一括払いができる」と金銭感覚を明かす。

「子どもたちの習い事は通信教育も含めて、それぞれ3つずつ。貯蓄も子どもの教育費がメインで、月8万円くらいのペース。それ以外に保険や個人年金での貯蓄がある。奨学金を返還中なので贅沢はできない。兼業農家で食費はあまりかからず、基本的に外食は週末のみ」

女性は「田舎育ちのため、贅沢したいとも思わない」と書いている。

「住宅ローンを組む際、残業代と賞与を含めずに計画した。だから心配はない」

都内在住の40代女性は共働きで世帯年収1000万円。夫婦共に収入は安定している。自身はメーカーで契約社員をしており、子どもが2人いる。女性は直近の生活状況について説明する。

「私がフルリモート勤務になったので、心身ともに余裕ができた。それに以前より、子どもたちと過ごす時間も増えた。コロナ禍で旅行に行けない分、出費が減り、家計は健全になったと思う」

持ち家のローンを返済中だが「住宅ローンを組む際、残業代と賞与を含めずに計画した。だから心配はない」とのことだ。

ほかには、

「結婚して世帯年収が2倍以上に。でも出費は2倍未満のため、夫婦2人で余裕のある暮らしができている。また贅沢をしないので収入の半分ほどを貯金や投資に回せる。今後は早期リタイアを目標に資産を積み上げていく予定」(30代女性/群馬県/メーカー系/世帯年収1000万円)

といった声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や「男だから」「女だから」自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを実施しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収400〜600万円の実情「昼食はカップ麺。毎月カツカツ」
年収350万円のアラフォー女性「職場で若手とユニクロ服が丸かぶり。『その年で安物しか着れない』とショックを受けてた」

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×