【猫の日】会ってみたい"看板猫"ランキング スリッパ温め猫、ラッセル猫などが上位に

【猫の日】会ってみたい"看板猫"ランキング スリッパ温め猫、ラッセル猫などが上位に

【猫の日】会ってみたい"看板猫"ランキング スリッパ温め猫、ラッセル猫などが上位にの画像

2月22日は"猫の日"。リクルートライフスタイルは17日、「会ってみたいと思う宿の看板ネコ」に関する調査結果を発表した。調査は1月にネット上で実施し、10〜50代の男女1218人から回答を得た。

近年、"看板ペット"のいる宿泊先が話題を集めている。会いたい看板ネコ1位は、一生懸命スリッパを温める「福島県 穴原温泉 ペットと泊まれる宿 おきな旅館」の「セイちゃん」。カウンターで客を出迎え、スリッパの上に寝転んで温めてくれる。

猫の癒される仕草1位は「丸まって寝る」

2位には、「大分県 癒しの宿 鷹勝」の「こゆき」がランクイン。名前を呼ぶと必ず「ニャ〜」と返事をする。同宿では2019年からペットと一緒に宿泊することも可能になった。

3位は「岐阜県 湯屋温泉 炭酸泉の温泉旅館 ニコニコ荘」の「チビ」。首元の真っ白な毛色と長めのヒゲが特徴で、お腹を出して寝転がっている姿が評判だ。

4位は「長野県 源泉100%かけ流しの宿 野沢温泉 桐屋旅館」の「ハチ」。除雪用ラッセル車の如く、雪をかき分け進んでいく様子がSNSで人気だ。名前の由縁通りに末広がりに福を呼ぶネコとして近所からもかわいがられている。

5位は、「静岡県 猫のいるお宿 プチホテル・フロマージュ」の「ミュウちゃん」。おやつのダイレクトキャッチが得意技。肩に乗っておやつを食べたり、被り物をつけて写真撮影をしたりと、穏やかな性格の女の子だ。

なお、猫の癒される仕草を聞くと、1位は「丸まって寝る」(66.7%)が最も多かった。次いで、「カラダにすり寄ってくる」(55.3%)、「仰向けにしてお腹を出して寝る」(41%)、「喉をゴロゴロさせる」(27.6%)、「温かい場所で暖をとる」(22.5%)と続いた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×