手取り17万円で「洋服はしまむら、GU。スーパーの端にあるものを買うことも」と語る30代女性

画像はイメージ

手取りが20万円を下回ると月々のやりくりが難しく、ボーナス頼りの生活になってしまう人もいる。メーカー系の会社で働く30代前半の女性(長野県/正社員/離婚・死別)は、手取り17万円で生活しており、

「ボーナスがないと生きていけない」

と苦労を明かす。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

■ 「会社と戦ってやっと正社員にしてくれるような環境」

ボーナス頼りとはいっても、女性は決してムダ遣いをしているわけではない。むしろ節約やポイ活に積極的で、

「家賃払って通信費も格安SIMにして、電気代や買い物でポイント活用しないと。洋服はしまむら、GU、スーパーの端にある洋服や下着を買うときもある。そんなでこれから結婚、子育てしていけるか不安でしかない」

と綴っていた。また、現在は正社員として働く女性だが、今の立場を手に入れるまでにも苦労があったと見える。

「派遣社員から契約社員、正社員へとなりましたが、会社と戦ってやっと正社員にしてくれるような環境。残業しないと欲しいものも買えないので、周りも残業したりしてますね」

と会社に対する不満をもらしていた。

■ 「一生手取りは20万円以下だろうと予想する」

そのほか手取り16万5000円の20代後半の女性(その他/正社員・職員/未婚)からは、

「少し贅沢したり買い物したりレジャーに行くと、次のボーナスまでカツカツになり、カードの支払いがギリギリになる。今の会社で昇給は見込めそうだが、どうせ社会保険の天引きが増えるので、一生手取りは20万円以下だろうと予想する」

という声が寄せられた。

関連記事(外部サイト)